スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒼い沢桔梗の花♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年09月08日 月曜日 [Edit] 



【学名】Lobelia sessilifolia Lamb.
【科名】キキョウ科 Campanulaceae 【属名】ミゾカクシ属 (溝隠属
【和名】沢桔梗サワギキョウ) 【英名】インディアン・タバコ 【別名】宿根ロベリア
【原産地】日本、北アメリカ
【性状】耐寒性宿根草 【用途】地植え 鉢植え 切花 
【草丈】30cm~90cm 【花期】8月~9月

ある意味、私にとって再挑戦!の花‘サワギキョウ’です。
以前、赤色洋種紅花宿根ロベリアを地植えにして育てようとしたのですが、翌年再生することなく消失してしまったお花。

一年草のロベリアのほうはそれなりに育ってくれたのですが、私にとって宿根ロベリアは難しいというトラウマがございます。

でも、昨日の岩沙参とともに、産直ショップで目が合ってしまいまして、お家に連れて帰ったのです。
今回は慎重に慎重に育てねばっ!とビニールポットから引き抜き早速鉢植えにし終えたところです。

【PR】 沢桔梗をゲット♪ at Rakuten

まるで羽根を広げたような鶴のよう・・ 花色は白色ではありませんが。
でもその一方でこの子には毒があるようです。
植え替えしているときには、ちゃんと調べていなかったのでその恐ろしさをわかっておりませなんだ・・・ ヘ(x_x;)ヘ

金田一耕助の「悪魔の手毬唄」という映画、覚えておられます? 映画の中のワンシーンで歌われている「お庄屋殺し」の毒とは、この沢桔梗のことなのだそうです。知らなかったぁ~

で、その毒は芽や茎を切ったときにでる汁など、この植物全体に潜んでおり、ロベリン(lobeline) と呼ばれる毒は、頭痛、嘔吐、下痢、血圧降下、呼吸麻痺、心臓麻痺 などなどの症状を引き起こすらしいのです。 こわっ。

でも毒というのはその使い方により、お薬にもなるようで、構造がニコチンと似ているところから禁煙補助剤にもなったり、覚醒剤、コカイン等の薬物依存症の治療薬として利用できるのだそうです。
Lobelia sessilifolia Lamb.- 沢桔梗


この種は世界に400種ほどあるそうですが、そのうち日本には4種が自生しているようです。
白色もあるようなので、欲しいなぁ~

サワギキョウの育て方

■植え付け
肥沃で日当たりの良いところを好みます。
冬期間も凍らせなければ屋外での越冬が可能です。

■水やり
自生地は水辺であることを考えると、極端な乾燥を嫌うことがわかります。
湿り気のあるほうを好むものの、あまりにも水っぽいのも嫌がるようです。

■施肥
植え付けの際、緩効性肥料をすきこんでおけば十分で、多肥にし過ぎないようにします。
コンパクトに育てたいなら徒長しないように控えめで管理します。

■増やし方
地下茎で増えてゆくので、春先にこの根っこを分けることで増やすことができます。
また種から増やすのも容易です。秋にできた種をとりまきします。

ヤサシイエンゲイのサワギギョウの項目に詳しい育て方があります!

弊ブログ内関連記事: サワギキョウ | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ