スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間に合ってくれた!ラズベリー

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年10月14日 火曜日 [Edit] 




【学名】Rubus idaeus
【科名】バラ科  Rosaceae 【属名】キイチゴ属
【和名】木苺(キイチゴ)  【英名】Raspberry (ラズベリー) 
【仏名】Framboisier (Framboise)
【性状】耐寒性宿根草木  【草丈】1.5m 

いつの年だったか、折角秋にお花が咲いたのに、霜に当たってしまって秋に食べることが出来なかった苦い経験があったので、今年の秋もまんじりともせずその収穫の瞬間を心待ちにしていた私ですが、よかったぁ~ 今年は二季目の収穫が叶いました!

【PR】 ラズベリーを育てよう! at Rakuten

ちょうどお隣のオバサンが遊びにいらしたので、ヨーグルトにこの子をのせて、ミントの葉を散らし食べていただきました~ お写真を撮るのは忘れましたが(^^ゞ

採れたてのラズベリーはとっても美味しかった♪

こうして二枚、春と秋の写真を並べましても、その実はいずれも同じくらいのおおきさですし、秋のものが見劣りするということもありません!

ラズベリーの育て方

■植え付け
一般的には春と秋ですが、寒冷地においては、春に植えつけたほうが無難です。
ブルーベリーと同様に酸性を好むので、ピートモスなどを使いphをコントロールします。

■水やり

■施肥
二季なりでもありますし、体力が必要ですから、有機肥料をたっぷり与えるとおいしい実ができます。、春先に活動を開始しはじめたら、元肥を株元にすきこみます。

■増やし方
5月ころ、根元からシュートがでるので、これを切り分けて増やすことも出来ますし、そんなことをしなくても地下茎で勝手に増えてくれます。
またこの収穫する実がこぼれ、実生から発芽することもあります。

■剪定
古い茎は切り取り(春に実をつけた枝)、一株に6本くらいにして越冬させるとよいよいうです。
秋に実がなった枝には、春に実がつく可能性があるので、剪定せずに残しておきます。