スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュウカイドウはまさにベゴニア!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2005年08月26日 金曜日 [Edit] 

シュウカイドウ


【学名】Begonia grandis ssp.evansiana
【科名】シュウカイドウ科 Begoniaceae 【属名】ベゴニア属
【和名】秋海棠(シュウカイドウ) 【英名】Hardy Begonia
【別名】ヨウラクソウ

ほったらかしでも、抜いても抜いても絶対に!?根絶しないシュウカイドウです。
前回投稿したセンパとお花の形がとってもよく似ています。

珠芽(むかご)というタマタマがこぼれて、本当に沢山の芽をだすので、かなり思い切って抜くのですが、しっかり育ってくるのが、このシュウカイドウです。
もっとも真南で育ててはおらず、シェードガーデン向きです。湿った土を好みます。葉っぱはキレイな緑色でお花の色も薄いピンク。やさしい感じになります。

ベゴニア属の中では、日本の戸外で越冬できる唯一の種類で、耐寒性はとても強く、冬の間は完全に姿を消して、初夏くらいから芽がでてきます。

シュウカイドウのつぼみ


半日陰の仲間たち、シュウメイギクやギボウシ、オリヅルランなどと地植えにして楽しんでおります。

海棠(カイドウ)という桜の花に似ているところからその名がつけられているようですが、私はまだナマでカイドウを見たことはありません。育てておられる方は是非TBをお待ちしています!