スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハートのカタチ♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年09月16日 火曜日 [Edit] 




【学名】Cardioapermum halicanabum (kar-dee-oh-SPER-mum) (hal-ee-KAY-ka-bum)
【科名】ムクロジ科無患子科) Sapindaceae
【属名】カルディオスペルマム属 (フウセンカズラ属
【和名】風船蔓フウセンカズラ) 【英名】Balloon Vine Love in a Puff Heartseed 【別名】バルーンバイン
【原産地】熱帯アメリカ、アフリカ、インドなど
【性状】ツル性一年草  【草丈】2~3m  【花期】夏  
【用途】地植え 鉢植え(行灯仕立てなど)

前回の記事から約1ヶ月が経過し、フウセンカズラのかわいいハート型の種と御目文字です!
種播きから育てたものが、また子孫を残すところまできっちりと育ってくれて嬉しい~ ^0^
そもそもこの種、年代モノの種で発芽すら危ぶまれていたのです。

【PR】 フウセンカズラは行灯仕立てがよく似合います! at Rakuten

種は熟するとフウセンの色を緑色から茶色に変え、すっかり乾燥した状態になります。
フウセンを破るとお部屋が三つあり、ほとんどの場合三つの種が入っています。

Heartseed(ハートの形のタネの意味)ハートシードという別名の所以となっているのも納得!
ホントにどの種にもキレイにまるでスタンプを押したようなハートのカタチの模様があります。
いったい此のカタチにはどんな意味があるのかしら~?
Cardioapermum halicanabum - 風船蔓(フウセンカズラ)


↑手のひらにのせるて写しましたが、種は大きめで扱いやすいサイズです。

ある程度ツルがアーチに絡んできたので、さらに枝分かれさせようと思い、摘芯しましたものの、少し遅すぎましてあまり枝分かれした部分からは背丈はのびませんで、種を作るほうに精力を傾けているようです。
まだ茶色と緑色の風船が混在中で、小さなお花も咲いています。秋が深まり霜が降りるまではせっせと種を作ってくれるはずです^0^

フウセンカズラの育て方

■植え付け
日当たりと水はけの良い場所を好みます。

■水やり
地植えの場合不要です。
鉢植えの場合、用土が乾いたらたっぷり与えますが、肥料を好むので水遣り代わりに液体肥料を加えたお水を与えるものもよいと思います。

■施肥
真夏はあまり必要としません。月3回くらいのペースで液体肥料を与えます。チッソ分が少なめ、リン酸分の多い肥料がよいそうです。

■増やし方
春まきの一年草で、秋には枯れ始めますので、コレを採取しておけば、毎年気軽に楽しめます。
発芽温度は20~25℃と高く、5月くらいにまかないと発芽しません。タネは大きめなので、取り扱いが簡単です。軽く土をかぶせて、発芽までは乾かさないようにします。
直にまいたほうがよいと思います。


Cardioapermum halicanabum - 風船蔓(フウセンカズラ)


あさがおのように、ネットや支柱などをつかって、壁面を覆うような仕立て方も涼しげです。
私の場合は、クレマチスを絡ませようと思って買ったアーチに思ったほどクレマチスが絡んでくれないため、今回はアーチに絡ませています^^;

Cardioapermum halicanabum - 風船蔓(フウセンカズラ)


ヤサシイエンゲイのフウセンカズラ頁もご参考になさってください。

参照記事: Davis Garden - Love in the Puff