スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

斑入り紺菊の白い葉っぱ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年10月02日 木曜日 [Edit] 



【学名】Aster ageratoides var. ovatus
【科名】キク科 Compositae 【属名】アスター属 または シオン属
【和名】野紺菊ノコンギク) または 紺菊コンギク
【英名】【別名】
【原産地】日本  【性状】耐寒性宿根草 【花期】9~10月
【用途】地植え 鉢植え 寄せ植え 

ずっと名前がわからなかった菊でしたが、ようやく判明しました!

でも、間違っていたりして!? ラベルが無かったのと、どうも旅先で購入したものでお店へ再び行くことができず・・ 100%の自信は無いのですけど、恐らくノコンギクの園芸品種ではなかろうかと。

斑入りの葉っぱがとても美しく、モノによっては葉っぱのすべてが白色になってくれたりするんです。
かわゆいでしょう~?

【PR】 紺菊を育ててみよう♪ at Rakuten

本当は日向のほうがよいのかもしれませんが、私はこの斑入りをキープしたいので敢えて日当たりバリバリの場所では育てずに、半日陰くらいのところで育てています。
そのため、倒れやすいんですけど(^^ゞ

そして、少しでも緑色の葉っぱだけのものが成長しはじめたのを見つけたら、切り取って斑入りの葉っぱだけを残すようにしているんですよ~~

でも半日陰で育てているせいで、花つきはいまひとつ^^;
日向で育てたら、もっともっとたくさんのお花が咲くのでしょうが、この子に限っては斑入りの葉っぱを愉しみたいので、お花は逆にちょこっとだけ咲いてくれるくらいのほうが、儚い感じが残るのでスキなんです。

耐寒性もありますし、私の場合は植えっぱなしであまり手をかけてあげておりませんが、一応お勉強タイムです!

コンギクの育て方

■植え付け
日当たりのよい場所を選びます。 連作を嫌うので一度植えた場所には数年間は植えつけないほうがよいようです。
腐葉土と緩効性肥料をすき込んで、水はけよくしてあげます。

■水やり
どちらかというと乾燥している状態を好みます。
水遣りのしすぎに注意します。

■施肥
生育期に月に1回くらいの割合で液体肥料を与えます。

■増やし方
挿し芽で増やすことができます。
また大株になれば、株分けすることもできます。

弊ブログ内関連記事: コンギク | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ