スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白蝶草の秋

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年10月01日 水曜日 [Edit] 




【学名】Gaura lindheimeri
【科名】アカバナ科 Onagraceae 【属名】ガウラ属 
【和名】白蝶草ハクチョウソウ) 
【英名】Whirling Butterflies または Beeblossom
【別名】山桃草ヤマモモソウ) 【流通名】ガウラ
【性状】耐寒性宿根草 【耐寒温度】マイナス30度
【用途】庭植え 花壇 鉢植え 

ちょっと残念・・・ 

昨年、桃色のハクチョウソウを植えたはずでしたが、今年開花してくれませんでした。
寒さには強いはずで、越冬にはモンダイなかったはず。春先に花壇を弄ったときに、桃色の株をいじめてしまうようなオバカをしてしまったのかもしれません。

白色のみが開花しているところです。夏の間からずっと咲き続けてくれているのですが、秋が深まってきてフジバカマが開花し始め、お二人の競演を愉しんでいるところです。

【PR】 白色や桃色の白蝶草を育てよう! at Rakuten

両者とも背高のっぽで、風にユラユラと揺れてかわいい小花を咲かせます。
ハクチョウソウはガウラとも呼ばれますが、名前的には白蝶草のほうが好き! ホントに蝶々のようにヒラヒラとしていますよねっ。

丈夫なので育てるのはカンタンな白蝶草でありますが、一応お勉強(^^ゞ

白蝶草の育て方

■植え付け
日当たりを好みますが、あまり土壌を選びません。
越冬は、地上部が枯れてしまうのですが、マルチングをしておくほうがより安全です。耐寒性はマイナス30度もあるので、心丈夫です。

■水やり
地植えの場合不要です。鉢植えの場合、用土が乾いたらたっぷり与えます。

■施肥
多肥を嫌います。

■増やし方
挿し芽をとってカンタンに増やすことができます。
種から育てる場合の発芽適温は、18~22℃で、少し高め。春先に播くことができます。
株が込み入ってきたら、秋に株分けをして増やすことも可能です!