スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパイキーな玉シャジン♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年10月15日 水曜日 [Edit] 




【学名】Phyteuma scheuchzeri (フィテウマ ショイヒツェリ
【科名】キキョウ科 Campanulaceae 【属名】ファウテマ属
【和名】玉沙参タマシャジン)【英名】Horned Rampion 【別名】
【原産地】ヨーロッパの高山帯 【性状】耐寒性宿根草 【花期】4~6月 【草丈】30~50cm
【用途】鉢植え(オススメ) ロックガーデン 花壇 庭植え 

お花の姿がなくて恐縮ですが、春に咲く玉沙参を入手したので、お勉強タイムです。
産直所でであったときに、すっかり私は秋に咲くものとばかり・・・(^^ゞ
この小さな苗を育てて、春に咲くのが待ち遠しいのです。



おぎはら植物園さんからお花の写真をお借りしています。
トゲトゲしたようなお花ですが、エリンジュームなどのお花とはまた違ったトゲトゲ感!

【PR】 ロックガーデンにも向いている玉シャジンを育てよう! at Rakuten



今回はおぎはら植物園さんにはお世話になりませんで、他の苗たちを購入させていただきました。

私の場合、春と秋の二回をメインに新しい苗をネットで購入するようにしており、誘惑は多々ありますが、敢えて予算を決めてその中でなんとか納めるようにしています。
今年はクレマチスがメイン。植え付ける場所もないのに、また買ってしまいました。
あっ、でももう一度クリスマスローズの季節は、別枠になってますけど(^^ゞ

初めて育てるお花ですので、お勉強タイム♪
高山植物系ですので、一緒に購入して先般ご紹介した利尻雛芥子などとも同じような育て方になると思うのです。やはり鉢植えで管理するのが無難なようです。

タマシャジンの育て方

■植え付け
水はけのよい用土を用います。
夏場の直射日光は嫌うので、鉢植えにして移動させるか、庭植えならば半日陰になるようなところを選びます。

■水やり
高山植物ですので、乾燥気味に育てます。
水やりのしすぎは厳禁です。

■施肥
多肥は厳禁です。

■増やし方



ところで、ファウテマ属にはどんなものがあるのでしょう? Wikipediaで検索してみたら・・

Phyteuma balbisii
Phyteuma betonicifolium
Phyteuma charmelii
Phyteuma comosum
Phyteuma confusum
Phyteuma globulariifolium
Phyteuma hemisphaericum
Phyteuma humile
Phyteuma michelii
Phyteuma nigrum - Black Rampion
Phyteuma orbiculare - Round-headed Rampion
Phyteuma ovatum
Phyteuma pauciflorum
Phyteuma pedemontanum
Phyteuma scheuchzeri - Horned Rampion 玉シャジン
Phyteuma sieberi
Phyteuma spicatum - Spiked Rampion
Phyteuma tenerum
Phyteuma vagneri
Phyteuma zahlbruckneri

などがあります。桔梗科の植物ですが、お花の形状は桔梗とはまったく違います!
ファウテマ属は未体験ゾーン、もう少し勉強する必要がありますが、今日のところはここまでです。

Wikipedia参照記事: Phyteuma

弊ブログ内関連記事: タマシャジン | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ