スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月のお玄関

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年10月03日 金曜日 [Edit] 



【学名】Eustoma grandiflorum
【科名】リンドウ科 Gentianaceae 【属名】ユーストマ属 (旧学名リシアンサス属
【和名】トルコ桔梗トルコキキョウ) 【英名】Eustoma 【別名】ユーストマ  リシアンサス
【原産地】北アメリカ  【性状】秋播き一年草  【草丈】30~90cm 【花期】5月~7月または9月~10月
【用途】切花 花壇 コンテナ

先ごろ、花束をいただいたので、早速お玄関に生けました!
トルコキキョウ、マーガレット、カーネーションを主体にしたパステル調のかわいい花束です。

ちょうど我家の庭では、四季咲きのバラがお花を咲かせているところなので、3本切り取ってきて、一緒に飾ってあげました!

【PR】 トルコキキョウを育てよう! at Rakuten

私は以前、トルコキキョウを種から育てようとして、大失敗しているものですから、トルコキキョウにはあこがれがございまして・・(^^ゞ
今年はリベンジで、育ててみようと近くのHCで種を購入してみました。
うまく行くかしらん (;´▽`lllA``


今日はお勉強もなし!と思いましたが、あっ、そうでした!
トルコキキョウのお勉強をせねばっ!

トルコキキョウの育て方

■植え付け
苗を購入した場合には、春に植えつけます。その際、腐葉土などもいれ、水はけの良い用土を使います。
真夏に30℃以上になると元気がなくなってしまうので、移動できるコンテナ栽培のほうがよいかもしれません。

■水やり
雨を嫌います。過湿にしすぎると病気を発生しやすい環境になってしまうので、やりすぎに注意します。
また開花中は花びらに水がかからないようにします。

■施肥
植え付けのときに、緩効性肥料を空きこみ、生育期には液体肥料を施します。

■増やし方
種から育てるのが一般的です。挿し芽もできますが、一年草ですし、越冬させるのが難しいと思います。
種はかなり細かく好光性種子なので、覆土しないようにして、鉢底から給水させます。
発芽温度は、20~25℃。発芽後もさらに温度管理が難しく、冬期間は5度以上15度くらいを保つようし、生育期には25度を越えないようにしないと苗が育たなくなるそうです。

秋に種を播こうとしていた私でしたが、こりゃぁ~やっぱり無理がありそう・・・