スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋のツルバラ‘モーツァルト’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年10月03日 金曜日 [Edit] 



【学名】Rosa ‘Mozart’
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属 Rosa
【系統】モダンローズModern Roseハイブリッド・ムスク系HMsk
【開花時期】四季咲き 【香り】微香
【花形】平咲きで房咲き 【樹形】大型シュラブ系 
【英名】Mozartツルバラ モーツァルト
【花色】ライトピンク【樹高】240~360cm【花径】小輪系 3cm
【購入元】従兄弟から挿し芽をもらったものです
【交配】Robin Hood × Rote Pharisäer 
【作出者】Peter Lambert (ドイツ) 1937年
【品種名】モーツァルト

我家で一番株数が多いのは、この‘モーツァルト’。
なのに、案外記事にしている回数は少なかったのでした。

秋はお空が高く見えますよね~ この子も天高く薔薇肥ゆる・・・ (馬ではなくて(^^ゞ)
もう誘引するのが面倒になってきてしまって、生垣と同じくらいの高さに剪定し、寄りかかるようにして生きてもらっているツルバラです。

一般的に水平に誘引しないと花つきが良くならないといわれる薔薇ですが、この子の場合には結構枝垂れるように茎が伸びて、たくさんのお花をちゃんと咲かせてくれます。もっとも春ほどの量ではありませんが。

夏に一度ガッツリと剪定したのですが、それでも尚、秋咲きの薔薇はキレイに楚々とした感じで咲いてくれてます。

【PR】 ツルバラを育てよう♫ at Rakuten

この薔薇は園芸をはじめたばかりの頃に、いとこから挿し芽をもらったものを、さらに挿して増やしたのですが、台木などなくてもとても丈夫に育ち、幹の部分も私の手首ほどにもなっているような子もいるのです。
チュウレンバチなどの被害がかなりありますけれど、アヤツラの攻撃に負けずに頑張って咲いてくれてます。



ツルバラの育て方

■植え付け
この子は割り合いと耐陰性がありますが、でもやはり日当たりのよいところのほうがとてもキレイにお花を咲かせます。
鉢植えで管理するのは、ちょっと大変かもしれないので地植えのほうが良いと思います。
そのほうが見ごたえのある株に成長してくれます。

■水やり
地植えの場合はほとんど不要です。

■施肥
一般的な薔薇の施肥方法と同じです。
有機肥料を植え付けのとき、花後、冬の間などに施します。
私の場合、あまりあげてませんが、それでも花つきについて文句はありません。

■増やし方
前述のように、挿し芽からカンタンに増やすことができます。

■剪定方法
3年以上経った茎は更新させるとよいと思います。
元気のよいシュートをぐ~~んと伸ばすようにします。
剪定は冬場の作業ですが、この子は夏に一度剪定してしまっても秋にはまた咲いてくれます。
もっとも深く落としてしまうと、花が咲かないことが多いのですが。

弊ブログ内関連記事: モーツァルト