スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大文字草の花!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年10月10日 金曜日 [Edit] 




【学名】Saxifraga fortunei var. incisolobata
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ユキノシタ属サクシフラガ
【和名】大文字草ダイモンジソウ) 
【別名】人字草ジンジソウ) / 岩蕗イワブキ
【性状】耐寒性宿根草   【花期】9~11月
【品種名】不明
【用途】鉢植え 地植えは向きません 

第一弾の白色大文字草が満開です。

実は2年間鉢で寄せ植えにしていたものを鉢から引き抜いて、「根洗い」として管理し始めたものなんです。
そう、鉢がない!のです。

寄せてあるのは、ベニチガヤ、ギボウシ、ツユクサ(これは自然に生えてきたのですが)、そしてこの大文字草です。
今年鉢から引き抜いたばかりなので、これから越冬できるかどうかがモンダイですが、庭石の上に置いて管理する予定です。

【PR】 次はヒラヒラ花弁の桃色の大文字が欲しいわぁ~ at Rakuten

「根洗い」の状態にしますと、夏場の水遣りと温度管理がちょっと大変ですけれど、平鉢(お皿)にのせて飾ると、なかなかによい風情があります。
今年は他にも鉢から引き抜いたものもあり、ドキドキです。

手元には桃色と赤色もあるのですが、どうやら桃色は他界してしまったような・・・^^;
赤色のほうは、岩づけにしてあり毎年開花は白色よりも遅いので、赤色のほうはまた後日ご紹介しますね~

ダイモンジソウの育て方

■植え付け
涼しい山の岩場などに自生していることをイメージし、水はけのよい砂土や鹿沼土を使います。

■水やり
水切れさせないように注意しますが、あまりにもジメジメしすぎた状態もよくありません。用土を工夫します。

■施肥
多肥にならないようにします。

■増やし方
株分けか種まきで増やすことができます。株分けは、目が動き出す前のまだ気温が上がらない早春に行えます。あまり細かく分けすぎないほうが失敗が少ないようです。
前年に咲いた花茎などや古い根を取り除いて、株分けします。