スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら、ギボウシたち

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年12月03日 水曜日 [Edit] 




【学名】Hosta ‘Christmas Candy’
【科名】ユリ科 Liliaceae またはリュウゼツラン科【属名】ギボウシ属
【和名】ギボウシ 【英名】Hosta(ホスタ)Plantain Lily | Corfu Lily | Day Lily
【別名】擬宝珠(ギボウシ)  【品種名】クリスマス・キャンディー【性状】耐寒性宿根草

苧環がこぼれダネからいつの間にか発芽しており、ちゃっかり根付いていました!ギボウシの‘クリスマスキャンディー’は鉢植えで管理しておりますが、ハテサテ、種はどの子の種なのか。
開花するまで不明です。

いよいよギボウシの葉っぱが枯れだすと、初冬の雰囲気が。

宿根草のほとんど、冬場に落葉するものは、もう冬支度で、我家の庭も枯山水系になります。
もっとも山も水もないけれど、枯れているという部分だけ(^^ゞ



ギボウシ クリスマスキャンディー ポット入苗 1株 
ショップ e-フラワーでは、1600円也~

【PR】 ホスタをお庭に植えよう! at Rakuten


今年は昨年植えつけた小型の品種に元気がなくて・・・
ご紹介できませんでした。というかあまりにも目立たなくて、忘れていた!という感じ(^^ゞ
来年はもそっとご紹介できるように、植栽を考えますかお



オオバギボウシの一枚めの写真は9月の末に写したものです。
二枚目が11月中旬のもの。
この子はかなりダイナミックな姿になります。
 
ホスタの育て方

■植え付け
半日陰、または少なくとも夏は半日陰となる場所で保水性のある、肥沃な用土を用います。

■水やり
乾燥に弱いので、水を切らさないように管理

■施肥
固形の油かすなどを春の芽だし肥料と花後のお礼肥として与える程度でOKです。

■増やし方
鉢植えの場合は数年に1度株分けしたほうが良いので、植え替えてあげれば自然と株が殖えることになりますね。

WikipediaのHosta項によれば、小種だけでも以下があります。 
Hosta albofarinosa
Hosta capitata
Hosta cathayana
Hosta clausa
Hosta fluctuans
Hosta gracillima
Hosta hypoleuca
Hosta ibukiensis
Hosta jonesii
Hosta kikutii
Hosta kiyosumiensis
Hosta longipes
Hosta longissima
Hosta minor
Hosta montana
Hosta nakaiana
Hosta nigrescens
Hosta plantaginea
Hosta pulchella
Hosta pycnophylla
Hosta rectifolia
Hosta rupifraga
Hosta shikokiana
Hosta sieboldiana
Hosta sieboldii
Hosta tardiva
Hosta tibae
Hosta tortifrons
Hosta tsushimensis
Hosta ventricosa
Hosta venusta
Hosta yingeri


他にもギボウシを育てているのですが、ラベルがきちんとしていなかったギボウシや、私が園芸に手を染める以前から植えられていたものだったりして、それらは品種名が皆目わかりません。
ギボウシを育てるときは、バラと同じで、ラベルがしっかりと品種を明確にしているものを購入されたほうがよいかもです!

もっとも品種によって、育て方が大きく変わるというものはないのかな?

弊ブログ内関連記事: ホスタ | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ