スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツボサンゴ ‘グリーンフィンチ’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年10月28日 火曜日 [Edit] 




【学名】Heuchera cylindrica 'Green Finch'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ 【品種名】グリーン・フィンチ
【原産地】北アメリカ 【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)
【花期】初夏 【草丈】40cm
【用途】地植え 鉢植え 花壇 

またヒューケラに仲間が増えました!
今度はライムグリーン一色の葉っぱに、ちょっとだけ大きめのお花が咲くという・・でも米粒大には変わらないのですが。

みずみずしい感じがよいでしょう~ 早速寄せ植えにしてみました!
苧環とリグラリアとのコンビにしてみましたのですが、リグラリアの銅色の葉っぱと相対的な感じをイメージ。


ツボサンゴ ‘グリーンフィンチ’ 価格 500円

現在のところRakutenではおぎはら植物園さんちでしか取り扱いが無いみたいです♪

【PR】 ヒューケラとカラーリーフで愉しもう♪ at Rakuten


これから寒い冬がやってくるので、マルチングしてあげなくちゃ~


あまりにもかわいがりすぎて水遣りし過ぎないように注意しつつ、他の寄せ植えにつかった子たちも含め、冬篭り間近の子苗たちがちょっと心配です。

ヒューケラの育て方

降り積もった雪がキレイに溶ければよいのですが、時々溶けかかった雪がそのまま氷になって、鎮座してしまうこともあります。
我家には1株しかありませんので、初めての越冬を迎える今年は、文字通り我家の注目株であります!

■植え付け
水もち、水はけともに良い培養土をもちいます。赤玉、砂、ピートモスなどの混合がよいようです。耐寒性はありますが、高温多湿に弱いので夏場は半日陰で管理します。特に夏の日差しで葉焼けなどをおこさせないような工夫を。
私の場合、長年育てている大文字草の管理をイメージしています。

■水やり
鉢植えの場合には水切れさせないように注意します。
休眠期である冬の間も忘れずに!また夏季は高温多湿にならないように水遣りを控えます。

■施肥
植え付けのときに有機肥料を施します。成長期には液肥も定期的に与えます。

■増やし方
株分けと種から増やす方法があります。
株からわけるときは掘り起こしてから、清潔なナイフなどで二つにわけます。ポイントはあまり小さく分けすぎないこと。
種まきで増やす場合、播き時は春。
寿命は意外に短いので3~4年育てたところで株分けなどの更新が必要ですから、株分けをすればちゃんと殖えてくれるということになります。

弊ブログ内関連記事: ヒューケラ