スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒い葉っぱのリグラリア♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年11月04日 火曜日 [Edit] 




【学名】Ligularia dentata 'Brit-Mrie Crawford'
【科名】キク科 Compositae 【属名】リグラリア属 または メタカラコウ属
【和名】丸葉岳蕗マルバタケブキ) 【英名】Black-leaved Ligularia 【別名】丸葉張良草マルバチョウリョウソウ
【品種名】ブリットマリークロウフォード
【原産地】アジア
【性状】耐寒性宿根草 -30℃  【草丈】70~100cm  【花期】夏
【用途】シェードガーデン 庭植え 

小苗ですので、まだまだ本来の姿をご紹介できないのが残念なのですが、黒色がダイスキな私の心を捉えたこの子は、リグラリア・デンタータ ’ブリットマリークロウフォード’ というちょっと舌をかみそうな名前のカラーリーフプランツです。

小さな若い葉には、あまり黒い色がでてくれませんが、大きくなるにつれちょっと紫がかったようなブロンズ色のような黒々としてツヤツヤの葉っぱに育ってくれるはずです。

いきなり地植えでは少々不安でしたので、今年は鉢植えにして管理しております。


宿根草リグラリア ’ブリットマリークロウフォード’は、おぎはら植物園さんちで、 価格 1000円 也~~

【PR】 ツワブキの代用品としてもオススメ! at Rakuten



今育てているツワブキのお隣に地植えにしようと思いましたが、同じ丸葉ですし、それでは芸がないなぁ~ ホスタとの混色も素敵なお庭を演出してくれそうなので、もう少し植え付け場所を考えなくちゃ~


そしてまた初めて育てる植物ですので、お勉強タイム♪

リグラリアの育て方

■植え付け
日陰にも耐えますが、日当たりのよいところに植えつけたほうがよく育つようです。
ただし、適度に湿っているような用土を好み、また夏の直射日光があたらないよう、また風通しのよいところを選びます。水もち、水はけが適度に整っている環境づくりをします。

■水やり
用土が乾きだしたら、たっぷり与えます。ただし、地植えの場合は極端に乾燥しているとき以外は不要で、鉢植えでは水の与えすぎはよくありません。

■施肥
肥料は3~4月頃、10月頃に緩効性の有機肥料を施します。

■増やし方
播種から育てる場合の適期は、9~11月と2~4月。発芽温度は、15~21℃です。種まきから発芽までに約二十日から1ヶ月くらいかかります。

弊ブログ内関連記事:  リグラリア | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ