スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラックスの苗

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年11月06日 木曜日 [Edit] 




【学名】Linum perenne
【科名】アマ科 Linaceae 【属名】アマ属 または リヌム属
【和名】宿根亜麻シュッコンアマ) 【英名】Perennial flax , Flax , Linseed, Blue flax 
【別名】リナム または リンシード  【流通名】フラックス
【原産地】ヨーロッパ 【性状】耐寒性宿根草 【草丈】60cm 【花期】初夏
【用途】地植え 鉢植え ドライフラワー

折角種をいただいたのに、発芽させることができず・・・ ガ━━━(゚ロ゚;)━━ン!!
でもどうしても手元でその涼やかな表情を見たくて、苗を購入したのがこの亜麻です。
亜麻には一年草と宿根草のタイプがありますが、今回は宿根するタイプを選びました。

亜麻色の長い髪を~~♪という歌詞を聞きおよぶにつけ、亜麻色って本当はどんな色をしているのかしらん?と子供の頃からその正体を知りたくて仕方が無かったのですが、うまくすればやっと念願が叶うことになります。

そもそも亜麻色というのは、この植物の茎からとれる繊維の色を見立て、金髪や栗毛を表すらしいのです。


宿根アマ Linum perenne 価格 300円

【PR】 白色のフラックスも欲しいなぁ~ Y(=▽=)Y~☆  at Rakuten



でもその繊維を採るという作業自体まで、私が来年できるかどうかには疑問が残ります。
でも丈夫にたくさん育ったら、繊維をとってみたいなぁ~かお

そのためにも初めて育てる植物ですから、お勉強~ お勉強~



ところが苗を植えつけてから、その表情を観察してみたら・・・ どうやら早速、かわいがりすぎて水やりしすぎたのか、ちょっと徒長しすでに倒れ掛かっている様子 (;´▽`lllA``
ったくぅ~ 私には学習能力が欠如しているのです。

でも、地際から新たに伸びようとしている芽もあったりしていますし、ヒョロヒョロ苗から脱却させねば。
と、徒長した部分を切って挿し芽にしましたが、いくら寒いとはいえちょっと時期的に発根しにくいかしら~(;´▽`lllA``

シュッコンアマの育て方


■植え付け
日当たりのよいところを選びます。

■水やり
高温多湿を嫌うので乾燥気味に管理します。

■施肥
多肥を嫌うので、成育が悪いときくらいに与える程度でOK!

■増やし方
種まきから増やすことができ、適期は秋(9月中旬~10月中旬)
発芽温度:は5℃~25℃で、移殖を嫌うため直まきにします。 ポットまきの場合は発芽してからは早めに定植します。

■剪定
一度めの開花後、夏に切り戻しをすると花数は減りますが秋にも返り咲きます。