スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋だけど冬秋桜・・

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年10月31日 金曜日 [Edit] 




【学名】Bidens laevis ‘Kotohime’
【科名】キク科 Compositae Asteraceae【属名】センダングサ属
【和名】ウィンターコスモス 【英名】Winter cosmos, Bidens,Bur-marigold
【別名】ビデンス 【品種名】琴姫(コトヒメ)
【原産地】メキシコ・北アメリカ 【性状】耐寒性宿根草

昨年の12月にゲットしたウィンターコスモスが今が盛りと、秋空に向かって高く高く咲いています。
秋の空って、どうしてこんなに高く見えるのかしらぁ~~と思いつつ、鼻水をすすりながらしばしうっとりのすぅでございます(笑)

クリームイエローの花びらとのコントラストがよいわぁ~

【PR】 微笑み、えくぼ、誠心、イエローキューピットなどなど品種も豊富なウィンターコスモスは秋から咲き始めます! at Rakuten

秋まで鉢植えで管理すること、一年。
あまりに成育旺盛で2メートル近くまで背が伸びてしまい、鉢植えでは管理できなくなって、その上根っこは鉢からはみ出してました^^;

庭に植え付けしたときに、半分くらいは切り戻したのですが、この子の場合夏までに切り戻しをしないとこんもりと咲いてくれないとウワサで聞いていたので、もしかすると切り戻しをした時期が遅すぎたかも?と心配だったのですが、切り戻した部分にもお花が咲いてくれました。

chiemiiさんちの子は、もっとこんもりとたっぷりのお花が咲いています!

10月を振り返ると、色々なお花が咲いてくれました!

2008年10月に咲いた花

そんなお花たちの中でもこのウィンターコスモスは大のお気に入りになりました~

我家の場合には、9月中に切り戻しても大丈夫のようです。
後はこの後、地植えでもちゃんと越冬できるかどうかの実地検証を残すのみです。
鉢植えで越冬させたほうが、失敗は少ないのだろうと思うのですけど・・
保険をかけていなかったことに気がつきましたかお
庭に切り戻したときの茎をただただズボっと挿してあるものもあったのですが、そういえばあの子たちはどうしたかしら? ずっと風邪を引いていて、じっくりお庭の警邏をしていないのです。


いずれにせよ、とても丈夫であるということはわかりましたし、切り戻しのタイミングも習得できましたゆえ、来年は育て方をもう少し工夫できそうです。
後は、鉢植えで越冬させる子苗の準備をせねばっ!

ウィンターコスモスの育て方

ポイントは夏の切り戻し。こんもりとたくさんのお花を咲かせるためには一度きり戻しをすると良いよいそうです。中心となる枝よりも脇芽から出た茎の先端に多くお花を咲かせるようです。

■植え付け
日当たり、水はけともによい場所を選びます。


■水やり
花壇に地植えしている場合には、ほとんど不要。
鉢植えの場合には用土がかわいたらたっぷりと与えます。

■施肥
ほとんど気にしなくてもダイジョウブ!ですが、春の芽だし肥と秋にはお花のために緩効性の肥料を与えると生育がよくなります。

■増やし方
4~7月に挿し芽で殖やすことができます。

弊ブログ内関連記事: ウィンターコスモス | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ