スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メデタイ吉祥草が咲いた♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年11月03日 月曜日 [Edit] 




【学名】Raineckea carnea
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】キチジョウソウ属
【和名】吉祥草キチジョウソウ)  【英名】   【別名】観音草カンノンクサ
【原産地】日本(本州・以南) 中国 【性状】耐寒性多年草 (-15℃くらい)
【花期】9~10月 【草丈】20cm 【用途】庭植え 鉢植え シェードガーデン グラウンドカバー

9月の中旬に葉っぱだけの姿でありましたが、植えつけてからほぼ1ヶ月。なんと、あまり期待していなかったのに、‘吉祥草’が咲いてくれました♪

めでたい、めでたい ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノへ(^^ヘ)(ノ^^)ノ ちゃんかちゃんか♪

この小さな桃色の花を咲かせると、佳きことが起こるといわれているので、年末ジャンボ宝くじでも買いに走ろうか!と思ったりしております(笑)

どうやら地下茎からも新芽を伸ばしてくれているようで、新しい葉っぱも土の中からY(=▽=)Y~☆を出してくれています。ランナーを出して広がりっていくといのことでしたが、ふむふむこれはかなり成育旺盛のようです。


【PR】 斑入りの吉祥草もよいわぁ~ ^0^
カバープランツとしてもオススメの吉祥草♪ at Rakuten



ちょうどこの子と一緒に植えた、カタバミも淡い桃色の花を咲かせており、桃色と桃色の優しい色あいのお花とのコラボも同時に楽しめているのでした!
やはり細葉の斑入りのヤブランが明るい白色で脇をしめてくれていて、なかななによい出来栄えの和風の鉢となりました~ 後は来年岩絡が咲いてくれたらいうことないのですけど。



11月にはいると霜の心配がありますゆえ、この鉢は軒下に移動させて管理中です。
霜に当たらなければ、しばらくは鑑賞できそう~ですから。

キチジョウソウの育て方

■植え付け
耐陰性があるので、日が当たらないところでもOKですが、用土は適度に湿度があり、水はけがよいところを選びます。土質にはこだわらなくても良いです。

■水やり
地植えの場合、ほとんど不要です。
鉢植えの場合には、用土の表面が乾いたらたっぷり与えます。

■施肥
植え付けのときに緩効性の肥料をすきこむていどでOKです。

■増やし方
ランナーで増えるので、そのランナーを切り離すようにして株分けで増やすのが一般的です。
適期は春。

弊ブログ内関連記事: キチジョウソウ | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ