スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また来年ね!粉粧楼

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年11月30日 日曜日 [Edit] 




【学名】Rosa 'Fen Zhang Lou'
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属 
【系統】オールドローズ (Old Roseチャイナ系 (Chinensis)
【開花時期】四季咲き 【香り】 強い(ダマスク系の香り)
【花形】ロゼット咲き 【樹形】小型の半つる性に近いブッシュ系 
【英名】Fen Zhang Lou または Fen Zuang Loフェン・ツァン・ルー
【花色】ライトピンク 【樹高】100cm×90cm 【花径】中輪系 5~6cm
【購入元】園芸ネット
【生産地】中国  【作出者】不明 
【品種名】粉粧楼フンショウロウ

さすがに雪も降り始めた昨今、バラを咲かせるのは忍びなくて、ようやく切り取り室内で飾る決心をしたのですが、なかなか開いてくれません。
一枚目の写真は切花、二枚目の写真はまだお庭にあったときの様子。
一週間ほど経ちますが、なかなか開かず・・

でもやっと数枚の花弁がヒラリとなってきたので、記念撮影です。

他にも名前を知らないモダンローズが最後の花を咲かせてくれたりしています。
ピエールドロンサールも花柄摘みをいたしまして、肥料をあげたところです。

他にもまだ欲しいイングリッシュ・ローズはたくさんあるのですが、最近ピンク系のものばかりに触手が伸びてしまっているので、次回はちょっとダークな感じのものにしようかしらん。

【PR】 お気に入りのイングリッシュローズを見つけよう!

今年咲いたバラをパイル仕立てにしていました~ ↓



また来年までおあずけです!
あっ、そうそうこの子、枝をズボッと土に挿しておいたら、かっちゃくしてくれたようです。
保険をつけることができました。もっとも台木を使っておりませんので、そうそう元気な姿でお花を咲かせてはくれないでしょうけど。

フンショウロウの育て方

■植え付け
フンショウロウは庭植より鉢植えに向いています。雨に当たらない軒下で管理するほうがよいそうです!日陰にも強いバラです。
と、わかっていながら地植えにしてしまった私です(^^ゞ

用土は、赤玉土と腐葉土をあわせたもの。ピートモスなどを少し加えてもよいようです。植え付けのときに、有機肥料を置き肥として施します。植え付け後も2~3ヶ月に一度施します。

植え付けの時期は通年行うことができますが、やはり春先4~6月がオススメです。裸苗で大苗のものは、冬の時期12月から3月までが適期です。

■水やり
鉢植えの場合、用土の表面が乾いたらたっぷり与えます。冬場も休眠しますが、水遣りは忘れないように。地植えの場合は不要です。

■施肥
四季咲きですので、他に液体肥料を月に一度施すことで、さらに花付きを良くします。また秋に咲くお花は見ごたえがあるので、9月の芽だし肥料は忘れてはなりません。

■剪定
夏剪定は行わず、花がら摘みのみを行えばよい。マルチングなどで高温への配慮も忘れてはなりませんね!




んんん。あっ、このフンショウロウ。
鉢植えですが、秋に植え替えたまま春には植え替えてなかったんでした。これも原因の一つなのかなぁ~ 肥料のやり方や培養土の選び方などでも、春バラでももう少しピンク色になってくれるのかも!?

フンショウロウは小ぶりで管理も楽ですし、ベランダでバラを育てたいと思っていらっしゃる方にもオススメです。

花つきも良くて、今年は昨年とくらべると3倍くらい、いやそれ以上の花つき。この分でゆくと、来年はどれだけのお花が咲いてくれるのかしらんととても楽しみです。

弊ブログ内関連記事: フンショウロウ | バラ | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ