スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危うく収穫しそこなうところでした!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年11月20日 木曜日 [Edit] 




【学名】Crocus sativus
【科名】アヤメ科 Iridaceae 【属名】クロッカス属
【和名】サフラン 【別名】薬用サフランヤクヨウサフラン) または蕃紅花バンコウカ
【英名】Saffron crocusサフラン・クロッカス
【性状】耐寒性多年球根植物  【花期】10~11月  【草丈】10~15cm
【原産地】地中海沿岸 
【用途】地植え 鉢植え ハーブティー パエリア、サフランライスなどの料理

またしても、一番キレイな時期を見逃してしまいました。
そして、危うく雌しべの採取をしそこなうところでしたが、なんとかサフランライス作りに必要な量の3回分くらいの量は収穫でき、ただ今風通しのよいところで乾燥中です。

【PR】 5gで4000円以上もする乾燥サフランにびっくり(@o@) at Rakuten

1グラムの乾燥サフランを作るには、160個分の雌しべが必要なんだとか!
スパイスのコーナーに並ぶサフランの値段がダントツにお高いこともうなづけますよね。
雌しべは一つの花に必ず三つついています。指で引き抜くとカンタンに採取することができます。



昨日も冷え込んだので、スープを作ったのですが、この子を入れたので自称?「黄金スープ」を堪能させていただきました!サフランちゃん、ご活躍ありがとう~

サフランの育て方

■植え付け
秋植え球根植物ですが、割りに早め(9月中旬くらいまで)に植えつけます。
お店で入手した球根ならば、同年にお花を咲かせます。
初年度はバスケットなどに入れておくだけでもお花が咲きますが、花後は土に埋めて球根を太らせるようにします。
腐葉土や堆肥をたっぷりすきこんだ土を好み、また日当たりのよいところで管理しますが、夏場は涼しくなるようにしてあげます。

■水やり
冬から春の間は乾かし気味に管理します。地植えの場合不要です。

■施肥
特に花後の施肥は重要です。
チッソが少なめ、リン酸が多めの配合の肥料が適しています。

■増やし方
分球で増やすことができます。
3~5年は植えたままでもOKですが、高温多湿で球根が腐ることがあるので、葉っぱが枯れたら掘りあげて涼しい場所で管理し、球根を分けてまた秋にうえつけるようにします。

弊ブログ内関連記事: サフラン | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ