スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一日花、ナツツバキの移殖

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年12月10日 水曜日 [Edit] 




【学名】Stewartia pseudocamellia
【科名】ツバキ科 Theaceae 【属名】ナツツバキ属
【和名】夏椿ナツツバキ) 【英名】Japanese stuartia 【別名】沙羅樹シャラノキ) サルスベリ(方言で)
【原産地】東アジア 【性状】落葉高木 【樹高】10~20m 【花期】 6月~7月初旬
【植え付け期】10~12月、2~4月
【用途】地植え 鉢植え シェードガーデン シンボルツリー

12月7日は二十四節気でいうところの「大雪」でした。 まだまだどんどん日は短くなり、「冬至」の12月21日までは日が縮むのですよね~ あぁ~ 早く日が延びはじめないかしらん。

さて、ナツツバキ。 恐らく初めてご紹介するはずです。

移殖を決めました!しかも二度目です・・・

【PR】 ナツツバキを植えよう! at Rakuten

実はこのナツツバキ、私が園芸を始めた頃に魅力をまったく感じることができず、土壌も日当たりもすこぶる悪く、ヒイラギの木ですら枯れてしまような極貧地に移殖したものです。
もう7年はお花を見ておりません。場所も狭いので、剪定時期も関係なく家人がバサバサと季節も関係なく、毎年剪定してしまうというのもその要因の一つなのですが・・(;´▽`lllA``

ところが、人間というのは、というかが・・・身勝手極まりなくて 最近、ナツツバキのことがとても愛おしく感じられるようになり、遂には我家のシンボルツリーにならないかしらんと考え始めているのであります (゚▽゚*)ニパッ

で、植え付けの時期を調べたところ、12月くらいからが適期とわかり、早速敢行することにしました。
といってもまだ11月ですが・・ 植えつける場所の土をきちんと耕して、たっぷり腐葉土をすきこまなくてはなりませんし、まずは移殖の準備にとりかかることに!

でも大きくなると移殖が難しいとあります・・・  んんん~
我家のナツツバキは、幹の周囲がすでに20センチほどにはなっているのです。
だっ、大丈夫かしらん? 神のみぞ知るところとあいなりそうです^^;

あっ、木で思い出しましたが、クリスマスといえばモミの木。
で偶然見かけて、欲しくなったのが・・・ 


【送料無料】 マジッククリスマスツリー4個&マジッククリスマスツリー

インテリア雑貨のお店ライフスタイルショップ アンジェさんちで見つけました!
どなたかお手元にお持ちの方いらっしゃいませんか? どんな感じなんだろう~ お写真で見るとかなりかわいいY(=▽=)Y~☆



ちっともわが家の中はクリスマスモードになっておりません。
イルミネーションも少ない街です。でも少しは雰囲気を味わいたいところです!


ナツツバキの学名の「pseudocamellia(プセウドカメリア)」は「にせのツバキ」という意味があり、夏の暑い時期に涼しげな白い花を咲かせるのです。
「偽(にせ)」というのは、椿ほどには肉厚な花弁を持っておらず、朝さいたら夕方には萎れてしまう「一日花」なのです。とてもよく似てはおりますが。
そしてシャラノキという別名も持っていますが、これは仏教にまつわる「沙羅双樹」の木に似ているところから呼ばれているそうです。

もうひとつ、この子を移殖することを思い立ったのは、我家の庭は南向きにあるのですが、東側にどーんと物置き小屋が設置されており、それがどうにも目だって、目だって・・
なんとか隠したいと、モッコウバラを仕立てたりしているのですが、なかなか隠れてくれないのです。

というわけで、ナツツバキで目隠しをしちゃおうという魂胆もあるのです(^^ゞ うまくいくといいなぁ~

ナツツバキの育て方

■植え付け
日当たり、水はけのよい場所に植えます。大きくなると移植を嫌います。
2メートルくらいの高さの苗くらいが植え付けには適しているようです。

■水やり
夏は水遣り・マルチングをして乾燥しないように管理してください。
乾燥を嫌います。

■施肥
9月と2~3月に根元に緩効性肥料を施します。

■増やし方
種まき、挿し木で殖やすことができます。挿し木の適期は6~7月です。

■剪定
自然に樹形が整いますので、ほとんど不要です。
あるていど大きくなったら、12月~3月頃、芽吹く直前に枝をすかす程度刈り込んでください。

ヤサシイエンゲイ様のナツツバキのページに詳しい育て方があります!

弊ブログ内関連記事: ナツツバキ | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ