スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光と遊ぶ柏葉紫陽花

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年11月25日 火曜日 [Edit] 




【学名】Hydrangea quereifolia 'Snow Flake'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ハイドランジア属またはアジサイ属
【品種名】スノーフレーク
【和名】柏葉紫陽花カシワバアジサイ
【英名】Oakleaf Hydrangea(オークリーフハイドランジア)
【別名】オークリーブド・ハイドランジア 【原産地】アメリカ
【開花時期】6~7月  【性状】耐寒性落葉低木

初夏に咲いたカシワバアジサイを切り取り、ドライフラワーにしてみました。
すっかりカラカラに乾いた状態です。

葉っぱは霜に当たって緑色から赤色へ変わり、そして茶色い葉っぱもあるカシワバアジサイです。
お天気が良い日に朝陽と遊ぶ葉っぱの様子をカメラに収めました~
すくっと伸びた茎についている葉っぱたち、そのてっぺんには来年の花芽ができているようです。

【PR】 カシワバアジサイを探そう! at Rakuten

鉢植えから土におろしましたので、来年はかなり背高のっぽで見ごたえのある株になってくれるはずです。
ギボウシのお隣に挿し芽したものはあの世に召されてしまったのですが、もう一つヒバの木の傍に挿したものは元気です。無事保険は成功です!

他の紫陽花も挿し芽が成功し、大型種の白い花が咲くアジサイも二つ挿し芽しましたが、これらも見事成功!ただ地面にズボッと挿すという、ズボラな挿し方でありましたのに、ありがたいことです
かお



この子のお隣には今年発芽してくれたオダマキ‘グリーンアップル’も先日植えつけたので、無事に越冬ができれば二人のコラボも楽しめそうです!
加えてさらにお隣にはモンタナ‘スターライト’も参入しているので、ちょっとずつ時期をずらしながらお花が咲くようなイメージかと。

カシワバアジサイの育て方

■植え付け
植えつけるときに腐葉土と油粕などを好きこむ程度でよいようです。
管理する場所は、西日の当たらない風通しのよい半日陰が良いようですが、特に、朝陽と夕日があたるようなところがベスト。真夏の太陽など強い日光に当てると、葉焼けを起こしたりします。ピートモスなども用土に加えておくと良いと思います。

■水やり
水遣りは、開花中はたっぷりと与え、休眠期間の冬場は乾かし気味にします。

■施肥
多肥は好みません。

■増やし方
挿し芽で簡単に殖やす事ができます。そういえば、私自身、この芽を地面に挿しておいたのです。どうやら根付いてくれたようですが、今はその枝には葉っぱはなく、生きているのか否か、楽しみは来年春までのお楽しみです。

■剪定
多くのアジサイに共通して言えることは、花後の剪定時期に気をつけることです。
花後にすぐ剪定しませんと、来年の花芽を切り取ってしまうことになりかねないので、花首から下2節くらいのところで茎を切ります。そうすると脇芽もでてこんもりとしたカタチにもなります。

ヤサシイエンゲイには詳しい育て方やトラブル対策について掲載されていますのでご参考になさってくださいね。

弊ブログ内関連記事: カシワバアジサイ | アジサイ | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ