スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Clematis ‘Belle of Woking’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年02月25日 水曜日 [Edit] 




【学名】Clematis 'Belle de Woking' Clematis 'Belle of Woking'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】クレマチス  【英名】Clematis
【流通名】クレマチス・ベルオブウォッキング  【系統】パテンス系 / フロリダ系 
【性状】耐寒性宿根草   【咲き方】早咲き大輪系四季咲き ダリア咲き
【高さ】200~300センチ  【耐寒性】強い
【花径】10センチ    【花色】桃色 ~ 紫色へ変化  
【剪定】任意剪定 新・旧枝咲き 
【作出】George Jackman in 1875 イギリス
【交配】C.‘Lanuginosa Candida’ ×  C.‘Fortunei’
【用途】鉢植え 地植え
【備考】#C028

昨年、開花の期待させておきながら、開花せずに一年を過ごしたウォッキングちゃん^^;
花芽かと思っていたら葉芽で、結局はいまだに開花の状態を見たことがないんです。

クレマチスのことをよく調べずに、二年生苗を購入したとたんに花壇に地植えにしてしまったせいで、成育不良、ちっとも大きくなりません。
でも今年は昨年よりも蔓も伸びたし、今度こそは舐めらしいものがあるので、なんとか咲いてくれそう~~な予感♪
はたまた、今年もトラヌタヌキなのか? 微妙です。


クレマチス ベルオブウォーキング
おぎはら植物園さんちでは525円です。開花株のほうが取り扱いは楽ですが、お値段はぐ~~んとあがります^^;

【PR】 今が植えごろ、ベルオヴウォッキングを探そう! at Rakuten


冬の剪定で少し枝を落とし、支柱に水平になるように蔓も絡ませましたので、花芽はできやすくなっているはず。肥料もすきこみました~ 

後はこの子のご機嫌如何です(^^ゞ 早咲きの大輪系は手元に少ないのと、以前エジンバラをダメにしてしまった苦い経験があるのですが、この子は生き延びてくれているので、それだけでも感謝しなくてはならないのかも。



ただ、先ごろ誘引した際に気の短い私は結構芽や茎をいためてしまって・・・
もしかするとスネてしまっているかもしれません。 

そろそろクレマチスたちの芽が動き始めているので、他の子たちのお世話もしてあげなくては!
昨年秋に購入した苗たちはすべて鉢植えになっています。
二年はガマンにして鉢植えで育てないと!

べレデウォッキングの育て方ベルオブウォッキングの育て方)】

■植え付け
適期は、9月半ば~10月と休眠期の2月~3月ですが、失敗しにくいのは休眠期だと思います。一般的にクレマチスの場合、真夏の酷暑を除いては、通年で植え付けが可能です。
鉢植えの場合、5号以上の大きくて深い鉢を選び、深植えにします。
用土は赤玉土:4 ピートモス:4 バーミキュライト:2 に緩効性の肥料をすきこみます。
庭植えの場合には、直径、深さともに40cm以上の穴を掘り、ふかふかの土にしてあげてから根鉢を崩さないように植えつけます。

■水やり
真夏に水切れを起こさせないようにします。

■施肥
特に剪定した後には、リン酸・カリ分の多い有機肥料を施すようにします。普段は定期的に液体肥料を与えると生育が良いようです。
あげたりあげなかったりするのは、あまり良い影響を与えないそうです。

■増やし方
春からの生育期に挿し木にして殖やすことができます。

■剪定
弱剪定にすると花が大きくなり、強剪定では花数は増えますが、大きさは小さくなるそうです。

弊ブログ内関連記事: ベルオヴウォッキング | クレマチス | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ