スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都忘れ・・忘れず開く(^^ゞ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年05月16日 土曜日 [Edit] 




【学名】Aster savatieri  または Gymnaster savatieri
【科名】キク科  Compositae 【属名】ミヤマヨメナ属
【和名】都忘れミヤコワスレ
【別名】野春菊ノシュンギク) 東菊アズマギク) 深山嫁菜ミヤマヨメナ
【花期】4~6月  【草丈】20~70cm 【花色】青紫色 白色 桃色 紫色など
【性状】耐寒性宿根草 【原産】日本
【用途】地植え 鉢植え 花壇 シェードガーデン 切花 茶花 

あまりにもわが家ではフツーすぎて、注目することなく、というかどちらかというと雑草扱い(^^ゞ
他の植物が育たなさそうなヒドイところに植えてあり、かわいそうな存在。
肥料など一切与えずに放置。それがまたこミヤコワスレにはどーってことないらしく、どんどん殖えてゆきます。

今年は春に随分抜き去って処分したのですが、あらら ここにもあったんだったっけ?
と、あらぬところで居ているものもいます。

でも、こうして咲いてくれている姿は、その丈夫さとはウラハラに結構かわいいのです。

【PR】 何色がお好き?ミヤコワスレを探そう! at Rakuten

久しぶりのアップなのでと、それぞれ植えた場所ごとに花のようをチェック!
やはりほとんどお日様が当たらないようなところでは、花色悪い^_^;なぁ~ 徒長しちゃっている子や、本来紫色をしているはずが、ほぼ白色だったり・・・ ごめんねぇ~ m(__)m



そんな子ですから、ほとんど育て方を勉強するようなコトもなく・・・
放置、放置(^^ゞ

この子は随分、よそ様にもお裾分けしました~ いろんなところでこの子の子孫が育っているはずです。

ミヤコワスレの育て方

■植え付け
あまり用土は選びませんが、水やけがよく弱酸性の用土を好むため、少し鹿沼土などを混ぜるとよいようです。
植えつけるときに元肥えとして緩効性肥料を加えます。

■水やり
地植えの場合にはほとんど不要です。
鉢植えで管理する際、冬場の水遣りを忘れがちですが、用土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。

■施肥
春と秋に追肥として緩効性の肥料をばらまく程度でOKです。

■増やし方
挿し芽か株分けが出来ますが、株分けのほうが手間はかかりません。
地植えにしていても、5年くらいは植えたままでもOKなのですが、込み合ってきたときに同時に株分けしてカンタンに増やすことができます。


弊ブログ内関連記事: ミヤコワスレ | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ