スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シクラメン・センダラビット^m^

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年12月22日 月曜日 [Edit] 




【学名】Cyclamen persicum
【科名】サクラソウ科 Primulaceae 【属名】シクラメン属
【和名】篝火草カガリビバナ)【英名】Cyclamen (シクラメン) 
【別名】豚の饅頭ブタノマンジュウ) アルプスのスミレ
【品種名】センダラビット
【原産地】地中海地方 トルコ~イスラエル
【性状】非耐寒性球根植物 

やはり冬の間、室内で長く愉しめるお花は一鉢欲しいもの。
昨年から育てている白色のガーデン・シクラメンは生育がイマヒトツ^^; クリローちゃんばかりに気をとられておりましたが、シクラメンを買いに行こうかなぁ~と思っていましたら!

なんと知人より拝受♪ とりたてて、クリスマスプレゼントとかというわけではなかったのですが、誕生日でもなく、入学式でも成人式でもない、特別な日でもないのに、いただくお花というのもまた格別の喜びがございます!

昨今、シクラメンは改良につぐ改良。名前も様々でとても覚え切れません。
この子についていたラベルには、‘センダラビット’とありました。
どれどれと、検索してみましたら・・ お~ヒットします、ヒットします。

やさしい色あいのシクラメンで、単色ではなく、白と赤のバイカラーなので、お正月のお飾りとしても利用できそう~ですね。もちろんクリスマスのプレゼントにも最適かと!



【PR】フラワーポケット 塚口ガーデンシクラメン センダラビット 5号鉢入 1鉢

シクラメンを育てよう! at Rakuten


以前、ダメにしてしまったシクラメンの底面給水鉢が残っていたので、ちょうど良い具合に鉢増しできました! この子は、底面鉢には入っていない、わりと小ぶりな苗でしたので、育て方が変わってしまいますが、やはり底面鉢のほうが管理が楽そうですので(^^ゞ



前述のガーデン・シクラメンは屋外で管理しておりましたが、どうも元気がないので植え替えをしてあげたのですが、さらに元気がなくなってます(;´▽`lllA``
我家では屋外で育てるのは、非常に困難・・・ というか、私の育て方に問題があるのかなぁ~

鉢モノとして室内で管理するならば、春までは上手に管理できるのですが、やっぱり夏越しで失敗することがおおい、というかほとんど失敗。

何年もお饅頭状の球根を育て、大きくしておられる方にはもう感服してしまいます。

シクラメンの育て方

■植え付け
水はけのよい清潔な用土を用い、本格的な寒さが来る前に植えつけます。
赤玉土6:腐葉土3:粉状にしたパーライト1の割り合いの用土か、シクラメン専用の培養土をつかうと良いと思います。
夜間0℃以下になるようなときには、屋内に取り込みます。

■水やり
日中に用土がかわいたらたっぷりと水遣りします。夜間などの水遣りはキンモツです。

■施肥
植えつけた後、2~3週間ほど経ってから、液体肥料(500倍ほど)を施します。

■増やし方
種から殖やすことができます。
球根ですが分球しないので、株分けなどはできません。

■管理方法
普段はお花が終わりそうになったら、花茎を根元からねじるようにして摘み取り、種をつけさせないようにします。日中25℃以上、夜間に15℃以上になると、徒長の原因になるので、低温で管理し、暖房が効いているような室内では育てないようにします。

Wikipedia参照記事: シクラメン