スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Helleborus foetidus 'Gold Bullion' 

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年12月18日 木曜日 [Edit] 




【学名】Helleborus foetidus 'Gold Bullion'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ  【英名】Stinking hellebore, Dungwort,   Bear's foot
【別名】木立性クリスマスローズ
【流通名】フォエティドゥス フェチダス フェチェダス フェヂチス 【系統】原種系 有茎種
【原産地】西ヨーヨッパ・南ヨーロッパ
【性状】耐寒性常緑多年草  【耐寒温度】-12℃ 【花期】2月~3月
【草丈】50センチ  【花径】3センチ  【花色】黄緑色  【咲き方】房咲き 一重咲き ベル咲き  【葉色】黄色 【蜜管】
【用途】庭植え(我家では不向き) 鉢植え 

フェチダスでは二種類目となる、‘ゴールドブリオン’です。
鉢増し後の状態もよく、スクスクと育っている感じです。

もうひとつ育てているほうには、蕾が見えはじめてきていて、前回のように温度管理に失敗しなければ、(^^ゞ 来年には初開花の見込みです。 一方こちらは、二年生苗ですので後二回は冬を越さねば、お花の姿を見ることはできないと思いますが。

それでも葉っぱに観賞価値があり、十二分に愉しんでいます。


【PR】新商品クリスマスローズフォエチダス ‘ゴールドブリオン’
『Helleborus foetidus 'Gold Bullion' 12cmポット開花見込み株 特徴的な葉姿が人気のフェチダスの黄金葉 さらに存在感があり美しい 花期以外も楽しめるのでシェードガーデンのカラーリーフ素材としてもおすすめ  50cmぐらいになる木立ち性種 耐寒性はー12℃ぐらいまで 』とあり、またも新商品という記載に惹かれてしまいました。価格は、 1200円也~
なるほど朝陽に透けて、黄金色に見えたりします! かわいい~~

黄金色のフェチダスを育てよう! at Rakuten



咲くお花も黄色で紅を射すようで、今から開花が非常に待ち遠しいのですが、愉しみはずっと先にあるほうが、喜びも大きいと思い込ませつつ・・(爆)
余裕があるなら、来年早春に開花株でゲットしたかったところです。

あまりHCなどでも見かけないですし、(もっとも私のところは田舎なので・・・)やはり確実に射止めるなら、ネットが一番です。今回もおぎはら植物園さんでお世話になりました~~ ♪(゜▽^*)ノ⌒☆



有茎種ですので、すくっと1本茎は立ち上がっているのですが、まだ細いっ
オトナになるとがっちりとして、太く頭でっかちになる苗の様子とはぜんぜん違っている状態です。

ところでフェチダスというのは、他のヘレボルスに比べ寿命が短いのだそうです。
手持ちの二種を上手に育てて、タネから増やしたいなぁ~というのが、今の私の願いです。

フェチダスの育て方

■植え付け
耐寒性・耐暑性ともに強いほうですが、あまり乾燥しすぎないところで、西日が当たらないような落葉樹の下で管理すると良いです。
植え付けるときには、深く耕し腐葉土をたっぷり鋤き込むことがポイントです。お隣の株との間は30センチほどとって植えつけます。

■水やり
庭植えの場合不要です。生育期には液体肥料を与えたりするので、それで十分な水遣りとなると思います。鉢植えの場合には、表土が乾いたらたっぷりと与えます。

■施肥
肥沃な土地を好みます。
生育期の秋から春までは、有機肥料と液体肥料を与えます。

■増やし方
10月~3月の間に株分けで増やすことが可能ですが、フェチダスの場合茎の形状を考えますと、かなりの大株になってから株分けします。
また種からも育てることができます。種は春に採取したものをネットなどに入れておき、秋になってから、播きます。

弊ブログ内関連記事: フェチダス  | ゴールドブリオン | 弊ブログのほぼ!?全リストへコチラ