スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬枯れ直前の孔雀羊歯

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年12月25日 木曜日 [Edit] 




【学名】Adiantum pedatum
【科名】ホウライシダ科  Parkeriaceae  【属名】アディアンツム属ホウライシダ属
【和名】孔雀羊歯クジャクシダ
【別名】孔雀草クジャクソウ) 嫁の箸ヨメノハシ
【英名】Five-finger fern,  American maidenhair
【性状】耐寒性宿根草  【草丈】40cm~50cm  【原産】アジア東部と北アメリカ
【用途】地植え シェードガーデン 鉢植え 下草 

久しぶりにクリローやクレマチス以外のものをアップするよう(泣)がいたします(;´▽`lllA``

お庭に植えてあるクジャクシダ。そろそろ今年はお別れのようです。
早春の芽吹きから初冬まで頑張って、日陰に緑を運んでくれるクジャクシダはお気に入りの植物のひとつです。

私の場合は、梅雨の頃一度地際から切り取って、もう一度芽吹くのを愉しみにしているのですが、その水水しさたるや天下一品です。 その子もさすがに昨今の寒さに葉っぱを枯らす準備に入りました。

【PR】 シダ類ならお家の中でも愉しめます! at Rakuten

一度、株分けして小さな盆栽で育てようとしたのですが、水遣りの管理に失敗してからは、地植えのみで育てていますが、鉢植えで管理すればバスルームやリビングに置いても清涼感をもらえるのでオススメの観葉植物といえると思います。



シダ類は他にも庭にあるのですが、どうもはっきりとした名前がわからず、ちゃんとわかっているのはこの子くらいです(^^ゞ 

日当たりを好まないので、シェードガーデン、しかもほとんど日が当たらないようなところのほうが、スクスク伸びますから、他の植物が日照不足で育たないようなところでの管理が楽にできる点もよいところ。

ただし、用土を乾燥させてしまうとうまく育ちませんので、ある程度は保湿できる環境が必要です。

クジャクシダの育て方

■植え付け
あまり土を選ばず、栽培は簡単ですが、日影を好む植物ですので直射日光に当てないようにします。
春先に苗が出回ります。3~4月が植え付けの適期です。

■水やり
地植えの場合は不要ですが、鉢植えの場合には用土が乾かないようにします。

■施肥
あまり必要としません。逆に多肥を嫌います。

■増やし方
株分けで増やすことができます。新芽が展開する前の早春に株分けします。
分けるときには3~4芽がついているようにして、切り分けます。

弊ブログのほぼ!?全リストへコチラ