スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

斑入りがカワユイ蔓日日草♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年01月19日 月曜日 [Edit] 




【学名】Vinca major.
【科名】キョウチクトウ科 Apocynaceae 【属名】ビンカ属 または ツルニチニチソウ属
【和名】蔓日日草ツルニチニチソウ)【英名】Greater Periwinkle、Sorcerer's Violet
【別名】ビンカ・マヨール  蔓桔梗ツルギキョウ
【原産地】中海沿岸地方  
【花期】 4~5月   【花色】 紫色
【性状】耐寒性常緑宿根草 (マイナス10度)
【用途】地植え 鉢植え 寄せ植え シェードガーデン グランドカバー

初冬になってからも、葉っぱの色は茶色に変えず頑張ってくれているツルニチニチソウです。
秋にはこの子の周囲に斑入りジャノヒゲたちなども加え、明るい色あいの葉っぱを愉しむエリアにしようとたくらんでいるところです。

ただ成長の早さでいうと、この子がダントツ。バランスのとり方がちょっと難しそうです。
他の子たちがどんどん枯れて、といっても地上部のみが無くなってゆく冬場。雪も積もるようになっているので、常緑の子たちには頑張ってもらいたい時期です。

このツルニチニチソウは強いですね~~

【PR】 ツルニチニチソウを探そう! at Rakuten

先日もたっぷりと雪が乗っかってしまってましたが、なんのその。
春に挿し芽もとっておいたのですが、小さな苗のほうもこんな冬場にさえ、小さな新しい葉っぱを展開させようとしています。冬場にパンジーなどと寄せ植えにするなら、この子も使ってみると動きがあってたのしい一鉢になりそうです。



寒さに強いとはいえ、我家のツルニチニチソウはさすがに枯れこんでしまっているところもあります。
雪を被ってしまった写真も記念にとっておきました。
地植えの子は、雪をかぶってしまう場所とはいえ、陽だまりになるところなので越冬には問題なさそうです。
今年はもっと日陰の辛い場所での越冬にも挑戦しようと思っています。

ツルニチニチソウの育て方

でもこの子、どこかのお宅で見たのですが、ものすごい繁殖力で、壁を覆いつくすほどになっていたので、ちょっと注意しないと他のものたちをやっつけてしまいそうですね。

■植え付け
4~5月が適期です。土壌はとくに選びません。

■水やり
過湿にならないように注意します。

■施肥
多肥にすると花つきが悪くなります。
春に置き肥えをする程度でOKです。

■増やし方
挿し芽から簡単に殖やすことができます。真夏と真冬以外はいつでもOK!
また株分けもできます。株分けは早春3月ごろが適期です。


弊ブログ内関連記事: ツルニチニチソウ | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ