スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剪定後の沈丁花

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年01月23日 金曜日 [Edit] 




【学名】Daphne odora
【科名】ジンチョウゲ科 Thymelaeaceae 【属名】ジンチョウゲ属
【和名】沈丁花ジンチョウゲ
【英名】Winter daphne
【原産地】
【用途】地植え 鉢植え 

この子は昨年、かなり大胆に剪定してしまったのです。
家人より大クレーム・・・ ちょうど回覧板を持ってきてくれたお隣のオバサマも溜め息をつくほどでした(;´▽`lllA``

こんもりとした丸い形に剪定されていたものだったのですが、分け入ると枝が交差していて日光が当たらない枝があったりして、どうも気に入らなかったので、かなりすっきりとさせてしまったのです。

あまりにも切り落としてしまったので、もしかすると枯れてしまうのではないかと、剪定した本人もかなりビビッていたのですが、この冬にはいってからも、元気に葉っぱを展開させているので、まずは一安心。でも2月を越しませんと、本当に乗り越えたということにはならないかも!?


【PR】 白花、赤花、そしてその咲き分け・・ 色々あります ジンチョウゲ! at Rakuten

剪定したときに、1本だけ赤いお花が咲く枝があったので、挿し芽もとっておいたのですが、葉っぱが一枚もないものの、なんとか今のところ生きてくれている感じです。

他にも白い花の部分も挿したのですが、それらはダメになってしまいましたm(__)m
以前も挑戦したのですけど、やはりダメだったんですよねぇ~^^;

寿命が短いといわれているので、早く挿し芽を大きくさせて保険をかけておかないといけないのですが。



冬の間、これまで冬囲いなどもしたことがなかったのですが、大丈夫かなぁ~
先日降った雪のときには、寒がっている感じはなかったのですが、すこし蕾が茶色に変色しているところもあったりして・・・ どうしたらよいかと思いつつも、放置状態です(^^ゞ

ジンチョウゲの育て方

■植え付け
購入した苗木の植え付けの適期は秋から晩秋までと長いんです。でも私のように寒いところに住んでいる場合、真冬の植え付けは危険! と申しますか、雪があるので植えつけられません(^^ゞ

移植を嫌うため、1メートルほどになることを考慮し、よ~~く考えて植えつけましょう!本来、日向に植えてあげたほうが良い植物ですが、半日陰でも十分育ちます。
かくいう私も半日陰で育てています。ただし、土壌については慎重に!あまりにジメジメしたところですと、よくありません。

■水やり
地植えの場合、ほとんど不要です。
鉢植えの場合には、用土の表面が乾いたらたっぷり与えます。水切れに注意します。

■施肥
沢山の花をつけますので、肥料が好きです。 

■剪定
樹木ですと剪定が面倒ですが、沈丁花は剪定にあまり気を使わなくてもよいところが利点です。自然といい具合に枝も分岐してくれ、害虫の被害もほとんどないので育て易いです。

■増やし方
挿し木で増やすことが出来ます。寿命は長いとはいえない樹木なので、挿し木から更新するようにしておくとよいようです。

弊ブログ内関連記事: 沈丁花 | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ