スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪とデンタータ ^0^

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年01月26日 月曜日 [Edit] 




【学名】Lavandula dentata
【科名】シソ科 Lamiaceae 【属名】ラバンデュラ属
【和名】フリンジドラベンダー  【別名】ラヴェンダー デンタータ
【英名】Dentata Lavender  【系統】デンタータラベンダー系
【性状】耐寒性宿根草  【耐寒性】マイナス5℃
【用途】鉢植え 庭植え 

頑張ってくれているなぁ~~ Y(=▽=)Y~☆

このラベンダーは鉢植えで管理しているのですが、ほとんど一年中咲いてくれていました!
そしてこの冬の間も咲き続けているのです。 不思議ぃ~~

もう一種のラベンダー、イングリッシュラベンダーのほうは今はなんとか葉っぱがついている程度なんです。雪の下になって枯れこみが進みますが、春になると葉っぱが展開してくれて春に花を咲かせますが、このデンタータ系のラベンダーの咲きっぷりにはびっくり!

こんなにも花期が長いと知っていたら、もっと違う扱い方もできたのにと、ちょっと後悔。
ためしに挿し芽を地面に挿しておいたらこれもカンタンに発根。
今現在雪の下にあって、その生死は春まで定かではありませんが、もしも地植えでも越冬が可能であるならば、量産作戦にでようと思っているラベンダーです。

ただ鉢植えのものは軒下で管理しているからこんなにも咲いてくれているだけの話かもしれません。
一昨年はほとんどお花が咲かなかったんですから~~ 

【PR】 色も性質も多彩!種類も豊富なラベンダーを探そう! at Rakuten

確かに鉢増しして土はリフレッシュさせてあげたように記憶しておりますが、これほどまでに我家の環境を好んでくれるラベンダーだったとは! びっくりです!



始終お花が咲いているため、この子についてはハーブではありますが、昨年は割合とマメに薄めの液肥は施してあげました。なるべく乾燥気味に育てたつもりです。水遣りの回数は少なくしてあげて、雨の当たらないところに鉢は置いておきました。

でもこの冬、軒下に置いておいた鉢にも雪が吹き込んでしっかり雪をかぶってしまったのです。あわわ
心配しましたが、少し勢いはなくなって花は萎れてしまったものの (;´▽`lllA`` どうやら根っこは大丈夫そうです。

花壇に挿しておいたものは、雪もガッツリとかぶってしまうのに、小苗だからでしょうか?
葉っぱは青々していて、このまま育ててゆけば除除に環境になれてくれて、地植えでも越冬できるかもと期待は高まります!

ラベンダーの育て方

■植え付け
適期は春と秋。


■水やり
用土が乾いたらたっぷり与えます。

■施肥
多肥は好みません。

■増やし方
種または挿し芽から増やすことができます。
適期は春と秋。

弊ブログ内関連記事: ラベンダーデンタータ | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ