スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

控えめが好き♪ 雛侘介

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年01月24日 土曜日 [Edit] 




【学名】Camellia japonica 'Hina-wabisuke'
【科名】ツバキ科 Theaceae  【属名】ツバキ属 または カメリア属
【和名】侘介椿ワビスケツバキ)【英名】Camellia(カメリア)
【品種名】雛侘介ヒナワビスケ
【花期】11~3月 【咲き方】一重筒 ラッパ咲き
【原産地】中国 【性状】耐寒性常緑樹
【用途】鉢植え 地植え 切花 茶花

耐えているなぁ~~ ( iдi ) ハウー

まだ幼い苗、しかも地植えの雛侘介には受難の時期です。11月以降強い霜が降ったかと思えば、1月になってからは雪も降り積もるようになり、最低気温も連日マイナス5℃以下です。

開花時期と受難の時期が重なってしまうため、なかなか綺麗な咲きっぷりを見ることができないワタクシです。雪囲いというものをしてあげないとダメかなぁ~

蕾が膨らみつつあり、花弁の桃色も現れ始めているというのに・・

【PR】 お花を探そう! at Rakuten

昨年も開花時期と寒波により、ほとんど蕾がダメになってしまって・・・
もっと株に体力がついてくれればなぁ~ もう少し頑張れるのかもしれないのですが。



なのにこの子にマルチングしてあげるのを忘れてたー あたふた
こんなにたくさん雪が降ってしまっては、時すでに遅し! マルチングのしようがありません。


ツバキの育て方

■植え付け
ツバキの定植の時期は、3~6月。ツバキは丈夫なので、結構日陰でも育ちます。寒さにも強いのですが、小さい苗のうちは無事越冬させるためにマルチングで防寒します。

■水やり
地植えの場合は不要です。

■施肥
春と秋の年に二回、固形の油粕を施す程度です。幹から15センチ程度はなしたところにおきます。

■増やし方
増やし方ですが、種まき、挿し木、接ぎ木などでもOK!

■剪定
剪定は花後すぐに行います。意外と早く花芽ができるので、夏から秋などに剪定すると春に花を咲かせませんので、ご注意!


弊ブログ内関連記事: 雛侘介 | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ