スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸まって・・イワヒバ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年02月10日 火曜日 [Edit] 




【学名】Selaginella tamariscina ( Beauv. ) Spring
【科名】イワヒバ科 Selaginellaceae 【属名】イワヒバ属
【和名】岩檜葉イワヒバ)【英名】Selaginellaセラギネア
【別名】岩松イワマツ長寿草チョウジュグサ) 万年草
【原産地】日本、シベリア~東南アジア~インド
【性状】常緑多年草

久しぶりにアップするような・・・ 今日は地味めのイワヒバです。
越冬中の丸まった姿が個性的な植物。
夏の間は葉っぱを広げておりますが、冬場に乾燥するとクルクルと丸まって、じっと我慢。
良くみるとその葉っぱは鱗片状で、ヘビがとぐろを巻いているようです。

【PR】 イワヒバを探そう! at Rakuten

でもさらによく観察していると、雪解けのお水から英気をもらったのか、葉っぱを広げていた子も居ました。我家ではほとんどのものを地植えにしてしまっているので、冬場の水遣りなどにも気を使う必要もないのですが、日陰に植えつけてしまいすぎているのはちょっとよろしくないのです。
中には綺麗に紅葉してくれるものもあるのかもしれないのですが、日照不足で紅葉はあまり愉しめず(;´▽`lllA``

今年は春にこの子達を鉢モノにしてみようかしらん。



イワヒバは3~4年で葉っぱが熟成し、生まれ変わるらしいのですが、私はそれがいかにして行われているのか、手元にあっても良くわかりません^^;  ダメだなぁ~ 今年はもっと注意深く観察せねばっ。

イワヒバの育て方

■植え付け
水はけ、水もちともによい用土を用います。一般的には鹿沼土などです。
本来は毎年一回り大きな鉢で植え替えるようにしますが、あまり神経質にならなくても大丈夫です。

■水やり
乾燥に強い植物ですが、鉢モノで育てる場合夏場などには一日一回与えます。
冬場でも屋外で管理し、休眠しているので水は与えないようにします。

■施肥
ほとんど不要で、多肥にならないようにします。
芽吹く春くらいから初夏の生育期に有機肥料か化成肥料をほんの少し与える程度です。

■増やし方
葉挿しまたは株分けで増やします。


弊ブログ内関連記事: イワヒバ | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ