スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンタナの大胆な剪定後・・・^^;

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年03月08日 日曜日 [Edit] 




【学名】Clematis montana 'Elizabeth'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis
【系統】モンタナ系 【咲き方】一季咲き(春) 一重咲き 
【花径】5~6センチ 【高さ】600~800センチ【耐寒性】強い -10℃
【花色】薄いピンク色 【剪定】弱剪定 旧枝咲き 
【流通名】モンタナ・エリザベス
【用途】地植え 鉢植えも可能 切花 
【備考】#C004

きっと、この子・・・ あたふたしているはず (;´▽`lllA``

実はこの冬、2月にかなり大胆に剪定ならびに誘引をしました。
かなり蔓が延びるタイプで、ツゲの木を枯らしてしまうほどの勢い、モミジの木にも絡み付いていたのですが、昨年親株が枯れてしまって、挿し木をしたものだけが残り、枯れ枝を整理するのにかなり苦労しました。

気の短い私は絡み付いていた蔓をやさしく解くなどということが出来ず、結局グイグイと引っ張ってしまった結果、蔓に裂け目などが入ってしまい、外側の皮も剥がれて、丸裸になっています。

普通は茶色をしているのに、綺麗な白い色をしていたりするのは、そのためです。 ゴメンね、モンタナちゃん


クレマチス モンタナ ’グリーンアイズ’
スペースが無くても、モンタナは鉢で育てることができます。小型のモンタナ系ならこの子がオススメです~ って、自分の趣味を押し付けてるような・・・ ^^; 
モンタナ ’スターライト’なんかもグゥ~です。私はおぎはら植物園様のところでお世話になりました!価格は 400円也 ~

【PR】 お好みのモンタナ、見つかるかな? ^0^  at Rakuten


たくさん痛んでいる部分があるのですが、少々のキズは放置し、重症と思われる部分だけセロファンテープを巻いて応急手当をしておきました。 巻くときには、グルグル包帯を巻くようにせずに、縦におるように蔓に添わせて空気が入らないように留めるのがコツです。

完全に折れていない場合なら、こうしておけば大抵の場合元に戻ります。

一番最後の写真をご覧下され~ ↓ ↓ ↓



今回は全体の長さ、および量を半分以下に減らしてしまいました。
今まで頭上で咲いていたのですが、今年は目の高さくらいで愉しめるはず・・・ でも花芽も結構痛めてしまったので、花数は少なそう~ 

ちなみに同じモンタナ系の‘スノー・フレーク’も同様にリフレッシュさせました!
ハテサテ、どうなることやら・・・ 植物の我慢強さと再生のチカラに任せるしかありません。

もっともモンタナは割合と剪定に耐える植物ですので、大胆な剪定をしても大丈夫らしいのですが。

モンタナの育て方

■植え付け
ふかふかの土を好みます。日当たりがよく西日が当たらないようなところに植えつけます。
植えつけるときには腐葉土と緩効性の肥料をすきこんでおきます。
鉢植えでも咲かせることは出来ますが、庭に植えたほうがダイナミックに楽しむことができます。

■水やり
地植えの場合は不要です。

■施肥
モンタナ系はあまり必要ありません。芽出し肥料と寒肥として有機肥料を少しまく程度で大丈夫だと思います。

■増やし方
挿し木で殖やすことができます。4月中旬から7月下旬ぐらいまでが適期です。
よく切れるハサミで、2節ほど切り取ります。このとき、先端の若々しい部分と、根元の部分は使わずに、中間部分を使います。
半日ほど水につけて、十分給水させてから鹿沼土をベースにした上に、パーライト8、鹿沼土小粒2の用土に挿します。
発根するまでは水切れをおこさせないように注意します。

弊ブログ内関連記事: エリザベス | クレマチス | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ