スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満開の福寿草~♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年03月19日 木曜日 [Edit] 




【学名】Adonis amurensis 
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】フクジュソウ属
【和名】福寿草フクジュソウ)  【英名】Far East Amur adonis
【別名】元日草ガンジツソウ)   朔日草ツイタチソウ
【性状】耐寒性宿根草  【開花時期】2~3月
【用途】地植え 鉢植え

この子は4年ほどまえに花市で苗を買ってきて、地植えにしたものなのです。
昨年よりも2週間ほど早く開花しはじめまして、すでに満開!

この福寿草が咲くと、あぁ~~やっと春が巡ってきたんだなぁ~とココロウキウキにさせてくれる花です。キイロの花からは元気がもらえるような気がして・・・

【PR】 福寿草を探そう! at Rakuten

昨年よりも花芽は増えていてくれているのかしらん? と昨年の記憶を探ると・・・
あまり変わっていないような(^^ゞ 夏越しや施肥に問題があったかしら?
実はこの子のとなりに昨年クレマチス・モンタナを植えてしまい、地植えだからとちょっと穴を大きめに掘ったのですが、その時この福寿草にストレスを与えてしまったかもしれません。
というか、根っこを痛めちゃったかも!? だとしたら、ごめんね、福寿草ちゃん。



でも、ひぃ、ふぅ、みぃ・・・ と数えると、どうやら5本立ち!まずまず、いい感じといえそうです。
ちょこっとだけ増えているようにも見えるのですけど。
そのうちに葉っぱも大きく展開しはじめるはず。葉っぱの質感も好きなんだなぁ~ やわらかで。

フクジュソウの育て方

■植え付け
夏場は木陰になり、晩秋から春にかけてはお日様がたっぷり当たるような肥沃な場所を選びます。
暑さに弱いので、夏場には地上部は枯れますが、マルチングなどをして乾燥させないようにします。
お正月の頃に売られている鉢に入っているものは、根っこを切られた状態で植えてあるので、お花が終わったら、深い鉢に植え替えるか、地植えにしたほうが大きく育ちます。

■水やり
地植えの場合、不要です。
鉢植えの場合、乾いたらたっぷりと与え、地上部が枯れているときにも水遣りを忘れないようにします。

■施肥
植えつけるときに元肥をすき込みます。芽出し肥料とお礼肥えを忘れないようにします。
夏場意外は、定期的に緩効性の肥料を与えます。

■増やし方
株分けで殖やすことができます。
ただ、根っこがかなり地中に深く伸びていますので、掘りおこすときには根っこを切らないように気をつけます。

弊ブログ内関連記事: 福寿草 | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ