スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根洗い盆栽の翁草

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年04月16日 木曜日 [Edit] 




【学名】Pulsatilla cernua Sprengel
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae  【属名】オキナグサ属
【和名】翁草オキナグサ) 【英名】Nodding anemone 
【性状】耐寒性多年草  【花色】臙脂色 【花期】4月~5月
【用途】鉢植え 地植え 

オキナグサは相変わらず植えっぱなしのまま、またになってしまいました。
根洗いで鉢がない、根っこが丸見えの盆栽といってよいのかしらん。
サミダレハギ、アサギリソウ、フウチソウなどと寄せ植えになっているものです。

に開花する山野草たちのなかでも、イノイチバンに大きな花を咲かせてくれました!

シベは鮮やかな黄色をしており、花弁は臙脂色。外側には葉っぱにも見られるような白い産毛。
このたくさんの産毛があるおかげで、翁などとおじいさんの名前をもらってしまったのです。
おじいさんのお髭のイメージですものね。

先週くらいからグーンと気温が上がってしまったので、そうそうにお花が全開。こうもお天気日和が続くと花の命が短くなってしまうので、少しペースダウンして欲しいくらいです。



【PR】 セイヨウオキナグサ 白 ポット入苗 1株も素敵なんですよね~ ( ゚д゚)ホスィ 
白い西洋翁草もかわえぇ~! at Rakuten



あまりにも強い日差しなものですから、濃い臙脂色に見えるはずの花がハレーションを起こして、白っぽく見えてしまい、オキナグサっぽくないです。
今年のの到来は早い上、気温が異常に高いっ! まるで初夏のような感じ。



もおも陽射しが強いと、花弁から透けてみえたりする表情なども垣間見たりして、楽しいのですけど。
相変わらず一株しかないですし、毎年種もつけさせませんので、増殖できておらず。
毎年、株分けしようと思っているはずなのに、結局そのまま・・ またが巡ってきてしまいました(;´▽`lllA``

なんだか根洗いものなので、手を入れるのが怖い!というのがホントのところなのですけど。

昨年よりも花つきがよく、蕾のあがり方もとてもよいのです。うれしいなぁ~

オキナグサの育て方

■植え付け
植え替えの時期は秋。鉢植えにしてあるものは、毎年植え替えるほうが良いようですが、そのとき水はけのよい土で植え替えます。桐生砂、鹿沼土、軽石それに赤玉土などを混ぜて使います。
高山植物の類ですので、真夏の暑さには弱いので半日陰で管理します。

■水やり
過湿を嫌います。

■施肥
あまり必要としません。与えるときにはごく薄めの液体肥料を与えます。

■増やし方
種でも増やすことができ、「とりまき」といって、出来た種をすぐに撒くほうが発芽率が高くなります。ただ花が咲くまでに数年かかるそう。我が家では一株しかないので、花柄を摘んでしまい、まだ採種したことはありません。


ヤサシイエンゲイ様にオキナグサの詳しい育て方がありますので参考になさってください。

弊ブログ内関連記事: 翁草 | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ