スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンゲショウマの双葉!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年04月20日 月曜日 [Edit] 




【学名】Anemonopsis macrophylla
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】レンゲショウマ属
【和名】蓮華升麻レンゲショウマ)【英名】False Anemone
【別名】草蓮華クサレンゲ)【原産地】日本
【性状】耐寒性多年草 【用途】鉢植え 庭植え 切

我家には一株しかないので、ちゃんと実を結んでいるのかもわからずに種を播いたのが、昨年11月。心配していた空っぽの種?だはありませんでした~~

特になんらお世話することもなく、冬の間も屋外で管理したまま春を迎えた4月のある日。見つけちゃいました~ 双葉たち♪

でもね(;´▽`lllA`` おが咲くまでには4~5年かかるといわれている蓮華升麻(レンゲショウマ)なのです。無事に開までこぎつけることができるのかどうか、かなり不安ではありますが。

はじめて種から育てるのですが、ここからが大変そう~ 双葉からはなかなか本葉が現れないらしいのです。しかもこれからやってくる熱い夏を乗り切らねばなりません。

Anemonopsis macrophylla - 蓮華升麻(レンゲショウマ)
親株のほうも時を同じくして目覚め始め、現在葉っぱが三枚地面からにょきっと顔を上げ始めたところです。ツヤツヤとした光沢の葉っぱで、当然ながら双葉のようにまるっこくはなく、ギザギザとしたオトナの葉っぱです。

蓮華升麻の花 クリックすると昨年夏の記事に飛びます!

【PR】 レンゲショウマを育てよう♪ at Rakuten  
おぎはら植物園さんちでも、日本の山野草レンゲショウマを780円ほどで販売中ですよ~~



レンゲショウマは山林の木漏れ日が当たるようなところに自生しているので、私もそうした環境に似ている場所に鉢を置いてあげましょう~と、とりあえずクリスマスローズを退避させているところを選びました。



駄温鉢に幾つ播いたのか。十~二十くらいは播いたように記憶しているのですが、最終的に幾つでてくるのかな。
今度は本葉がでてきたら鉢上げしなくちゃなりません。

レンゲショウマの育て方

■植え付け
鉢植えですと、桐生砂、鹿沼土などの野草用の土を用い、植え替えは二年に一回、3月~4月中旬に!
夏場は、直射日光が当たらないようにします。
できれば落葉樹の木の下などで管理すると良いでしょう。

■水やり
冬の間もすっかり乾燥させないように管理。
水切れは禁物。水を与えるときには、たっぷりと与える。

■施肥
生育期の春と秋に置肥する。

■増やし方
株分けまたは播種。

■害虫や病気など
ヨトウムシなどが発生するので、見つけ次第捕殺します。

弊ブログ内関連記事: レンゲショウマ | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ