スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移植成功! ナツツバキ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年04月26日 日曜日 [Edit] 




【学名】Stewartia pseudocamellia
【科名】ツバキ科 Theaceae 【属名】ナツツバキ属
【和名】夏椿ナツツバキ) 【英名】Japanese stuartia 【別名】沙羅樹シャラノキ) サルスベリ(方言で)
【原産地】東アジア 【性状】落葉高木 【樹高】10~20m 【花期】 6月~7月初旬
【植え付け期】10~12月、2~4月
【用途】地植え 鉢植え シェードガーデン シンボルツリー

冬に移植したので、とってもその動向が気になっていたナツツバキ!

めでたく移植に成功です! よかったぁ~~

知人から3月にたっぷりと水をあげると、花つきがよくなるよ~と聞いていたので、せっせと水遣りをしたりしておりましたが、とても健康そうな葉っぱたちが空に向かって伸び始め、葉っぱを展開させています。

【PR】 ナツツバキを植えよう! at Rakuten

ナツツバキの株元に植えたヒューケラ、プリムラ、ビオラ、ナデシコやこぼれ種から移植したクリローちゃんもしっかり活着し、そのほか今年発芽したビオラのフレックルスもちりばめてみたりして、にぎやかになっています。 


私のお財布の中身はほとんどが花苗に飛んでゆくのですが、春ですしたまにはお洋服でも買おうかなぁ~(笑)



夏場はまだら日陰くらいがちょうどよいクリスマスローズたちの成育場所としてはぴったりでしょう?
球根系のものはまだ植えつけていないので、今年の秋には、スノードロップや水仙のティタティタなどを植えたいなぁ~

北側に植えたヒューケラたちも夏の暑さを凌げますし、樹木の下はイロイロとその使い方様々です。



お隣のモッコウバラにも、蕾が見え始めこの一体は光沢のある緑で一杯! これまで目線はクリスマスローズくらいしかなかった私の庭も、目線が上のほうへと移りはじめています。

後は、今年お花が咲くか否か・・・ 移植した年には難しいかもしれませんが、一輪でもよいので咲いて欲しいものです。

ナツツバキの育て方

■植え付け
日当たり、水はけのよい場所に植えます。大きくなると移植を嫌います。
2メートルくらいの高さの苗くらいが植え付けには適しているようです。

■水やり
夏は水遣り・マルチングをして乾燥しないように管理してください。
乾燥を嫌います。

■施肥
9月と2~3月に根元に緩効性肥料を施します。

■増やし方
種まき、挿し木で殖やすことができます。挿し木の適期は6~7月です。

■剪定
自然に樹形が整いますので、ほとんど不要です。
あるていど大きくなったら、12月~3月頃、芽吹く直前に枝をすかす程度刈り込んでください。

ヤサシイエンゲイ様のナツツバキのページに詳しい育て方があります!

弊ブログ内関連記事: ナツツバキ | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ