スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年は5つ エビネたち^0^

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年05月09日 土曜日 [Edit] 




【学名】Calanthe discolor
【科名】ラン科 Orchidaceae  【属名】エビネ属
【和名】蝦根エビネ) 海老根 (エビネ) 【英名】Calanthes / Ebine
【性状】耐寒性多年草 【花期】4~5月
【原産地】アジア

残念ながら、株としてはこの子だけになってしまい、他の二株は枯れてしまったようです。

ですが、この生き残りの株は、すこぶる元気で領域を広げている様子。全般に開花の早い今年の春。このエビネも例にたがわず、通年より1~2週間ほど早いようです。
4月の三週目。気がついたときには、すでにもうかなりツボミが袴から顔を覗かせている状態でありました!




地植えで、ほとんどお世話というお世話もしていないものですから、申し訳ないのですが、やはりそこは宿根草のよいころ♪ちゃ~~んと時期になれば咲いてくれるのです。


【PR】 日本の野生蘭から生まれた香り豊か、鮮やかな色彩のエビネ蘭【香りがすばらしいです♪】 by ファーム フローラル

エビネを探そう! 植え付け時期は秋ですが(^^ゞ at Rakuten


そういば、この子の香り・・・ 嗅いだことなかった!

ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌( ̄ー ̄)┘

嗅いで着ました~~ わずかながら佳きかほりがいたしましたデス(笑)



この子が咲くと、あぁ~初夏も間近だなぁ~梅雨もやてくるなぁ~^^;という気持ちになるのです。
お花が終わったら、花茎を切らずに抜き取りませんと、切ったところから病気が入ったりするようです。
これからやってくる梅雨の時期には病気が発生しやすいですから、ご用心!ご用心!

エビネの育て方

■植え付け
強い日光を嫌うため、シェードガーデン向けです。
冬から春でも50%、夏場は70%ほどの遮光ができるような場所を選びます。
適期は春。

■水やり
地植えの場合不要です。
鉢植えの場合、用土の表面が乾いたらたっぷり与えます。休眠期は控えめにします。

■施肥
多肥を好みません。花後の5月と9月に緩効性肥料を少量与えます。

■増やし方
株分けで殖やすことができます。適期は10~11月。
横に増えてゆくので、来年伸びると思われる芽を含め3芽ほどで株分けします。
鉢植えの場合、翌年の新芽が鉢の真ん中にくるように配置します。

■花後の管理
葉っぱの真ん中から花茎が伸びてお花が咲きますが、お花が終わったら茎を引き抜くようにして花を摘みます。
花茎が残らないようにねじりとることが大事です。茎が残ってしまうとそこから腐り病気の原因となります。

弊ブログ内関連記事: エビネ | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ