スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も会えた錨草

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年04月30日 木曜日 [Edit] 




【学名】Epimedium grandiflorum Morren
【科名】メギ科 Berberidaceae 【属名】イカリソウ属 
【和名】錨草イカリソウ
【英名】Barrenwort / Bishop's hat / Fairy wings / Horny goatweed
【性状】耐寒性落葉多年草

昨年よりもさらに増えてくれている様子のイカリソウですY(=▽=)Y~☆
まだ白いのほうは咲いていないのですが、桃色の二種は咲いてくれてます。
大型と小型で、おの咲き方が違うのですよ~
大きく手を広げたようにして咲くタイプと、すごくこじんまりとしていて、ちょっとフウリンオダマキ風な子が競うように咲いてます。

種が交わってもどうかと思い、それぞれ遠くに離して地植えにしてあります。

【PR】 検索していたら、なににこれ? イカリソウ ドリコステモン (Epimedium dolichostemon)って? 珍しい咲き方してますよね♪

桃色花、赤花、黄花、白花・・イカリソウを探そう! at Rakuten


一口にイカリソウといっても、品種は様々で咲きっぷりも色あいも違ったものが多く、上記のように個性的なものもあるのですよね~
我家にあるものは、すべてまたしてもお隣のオジサマから拝受したものばかりです(^^ゞ
園芸をはじめたばかりの頃にいただいたと思うので、もう何年も毎年春になると、樹木の陰でひっそりといつの間にか咲いてくれるようになりました。




ほら、この子は白色と桃色の部分がはっきりと分かれていて、白色の手がびょ~~んと伸びています。



一方、小型の品種のほうはあまり手を伸ばさず、丸っこいカタチをしているのです。
私はコチラのほうが、好き♪なんですけど。

後も摘み取らずにそのまま放置して、自然のままに任せているので、育てているというのはちょっと語弊があるかもしれません(^^ゞ とっても育てやすい山野草です。

イカリソウの育て方

■植え付け
真夏の直射日光を避けるような場所を選び、植えつけます。植え替えは地上部が枯れている秋から春までに行います。
半日陰になるような木陰ですと、問題ないかと。




■水やり
地植えの場合不要です。
鉢植えの場合には、冬場地上部が枯れているときも根っこが生きていますので、ときどき土の状態を確認しながら水遣りをすると良いと思います。
屋外に置いてあるならあまり気を使わずとも越冬してくれるはずです。

■施肥
多肥にならないように注意します。

■増やし方
種まきまたは株分けで増やすことができます。
株分けは2~3芽をつけて、ぶつ切りにできるのですが、その際乾燥させないように手早く行います。

弊ブログ内関連記事: イカリソウ | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ