スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サワギキョウも咲いた!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年08月19日 水曜日 [Edit] 




【学名】Lobelia sessilifolia Lamb.
【科名】キキョウ科 Campanulaceae 【属名】ミゾカクシ属 (溝隠属
【和名】沢桔梗サワギキョウ) 【英名】インディアン・タバコ 【別名】宿根ロベリア
【原産地】日本、北アメリカ
【性状】耐寒性宿根草 【用途】地植え 鉢植え 切花 
【草丈】30cm~90cm 【花期】8月~9月

昨年来育てているの花‘サワギキョウ’が、二回りも大きくなって開花です。
平らな駄温鉢で育てているので、大きくならないかも?と心配でしたが、背丈は50センチ近くまで伸び、花茎は三本になりました ^0^

蕾の数も昨年とは全然違って、たくさんありますし。めでたいめでたい♪

ランキング1位

めでたい続き・・・ (///o///)ゞ
皆様からの日ごろのご愛顧のおかげで、ふっと覗いたFC2のランキング ガーデニング部門で1位の栄誉によくした記念すべき日でした。花の少ない夏場は御来訪者様の数が激減するわがサイトでございますのに、なんだか増えているなぁ~と思っていたのですが、このランキングのおかげだったのかしらん。
もっともこの地位はごく短期間のことでありましょうから(笑) 幻影へと変る前に記念にプリントスクリーンです(^^ゞ
このような画面は滅多に見ることはできないので、記録に残させていただきました m(__)m

さて、話を戻しますと、

先日もネットで色々見ていたら、尾瀬でよく見られる花の一つとして紹介されていましたので、この子にとって乾燥しているような状態やあまりの高温というのはよくないのだろうと想像しつつ、今年の長い梅雨と日照不足のおかげで元気に育ったのか!とも(^^ゞ
カンカン照りが続くような夏だったら、もしかするとこんなに元気に育たなかったかもしれません。


【PR】サワギキョウ (10.5cmポット苗)は、みちのくふるさと便さんちで390 円也~

ロベリア色々! さがしてみよう~ at Rakuten


実はこの子が芽吹きはじめた春のころ、冬の間の乾燥防止にとミズゴケをはっておいたのですが、それが小さな芽の邪魔をして、なかなかでてこなかったのです。
ちょっとだけ手伝って、穴を開けてあげたら新しい芽が二本でてきてくれたのですが、この子たちはそのせいでちょっと成長が遅いし、背丈も短くなってしまいました(;´▽`lllA``

でもそのせいで、高低差ができて見た感じも良いのです♪ ただ今の所、まだ蕾があがってくれていなーい 花期がずれたのもかえってよかったかも!



今年は種を採取して播いてみようかしらん?
夏の暑い時期に咲く蒼い花は、涼を運んでくれるので群生させるとキレイですよね。
ただ冬の間は地上部がすっかり枯れてしまいます。

サワギキョウの育て方

■植え付け
肥沃で日当たりの良いところを好みます。
冬期間も凍らせなければ屋外での越冬が可能です。

■水やり
自生地は水辺であることを考えると、極端な乾燥を嫌うことがわかります。
湿り気のあるほうを好むものの、あまりにも水っぽいのも嫌がるようです。

■施肥
植え付けの際、緩効性肥料をすきこんでおけば十分で、多肥にし過ぎないようにします。
コンパクトに育てたいなら徒長しないように控えめで管理します。

■増やし方
地下茎で増えてゆくので、春先にこの根っこを分けることで増やすことができます。
また種から増やすのも容易です。にできた種をとりまきします。

ヤサシイエンゲイのサワギギョウの項目に詳しい育て方があります!

弊ブログ内関連記事: サワギキョウ | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ