スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殖えました!稚児百合たち

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年05月20日 水曜日 [Edit] 




【学名】Disporum smilacinum
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】チゴユリ属 Disporum
【和名】稚児百合(チゴユリ) 【英名】Japanese Fairy Bells
【性状】耐寒性宿根草 擬似一年草 【自生地】中国 日本 韓国  【期】4~5月  【草丈】30cm
【用途】地植え 鉢植え カバープランツ シェードガーデン

久しぶりのアップになりますが、今日は山野草「稚児百合」です。
もうすっかりおは終わってしまっているのですが、春先は記事のアップが間に合わず、開の最盛期を随分過ぎてからアップしているものも多くて、すみません m(__)m

このチゴユリもおなりのオジサマから拝受したもので、地植えにしましたら、見事に殖えてくれまして、日陰のちょっとしたスペースの下草として利用できるようになりました。
あまり条件がよいとはいえないようなところなのですが、他の植物たちにとってはあまり好ましくない場所でしょうに、この子は元気モリモリです(笑)


【PR】山野草 赤花チゴユリ 600 円 也~

赤色もあるんですね~ 気になるなぁ~ ・・ヘ(^o^)/
チゴユリを育てよう! at Rakuten


これまた丈夫でどんな環境にも適合しやすい宿根草のミヤコワスレが隣人で、ほぼ同時期におを咲かせて、かわいらしいセッションを見せてくれたのです。
幅30センチたらず、長さ2メートルほどの場所なのですが、他にもヘデラ、ギボウシやフウチソウなどを植えておりますので、冬場は土が丸見えですが、春からは新しい葉っぱがどんどんでていて、すっかり地面がみえないようになります。



ただ、それぞれ宿根草ばかりですので、時々間引いたりしませんと、小さな植物は領域争いに負けてしまいます。
一緒の植栽していたメイズイなどは今年あまり咲かなかったので、そろそろこの場所も整理する必要がありそうです。

チゴユリの育て方

■植え付け
水はけのよい用土を用います。
植えつけるときに腐葉土やピートモスなどをすきこみ、有機質にとんだ用土に改良します。
地植えにする場合には、半日陰になるところを選びます。

■水やり
鉢植えの場合は、用土の表面が乾いたらたっぷり与えます。お皿にお水を溜めたままにしておくと根ぐされしてしまいます。
地植えの場合には不要です。

■施肥
多くを必要とはしません。生育期に液体肥料などを施す程度でOKです。

■増やし方
地下茎で殖えますので、ある程度大きくなったら掘りあげて分けることができます。
適期は、早春に目が動き出す前に行います。

Wikipedia参照記事: チゴユリ

弊ブログ内関連記事: 稚児百合 | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ