スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年は四輪、八千代椿

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年05月09日 土曜日 [Edit] 




【学名】Paeonia suffruticosa 'Yachiyotsubaki'
【科名】ボタン科 Paeoniaceae  【属名】ボタン属
【品種名】八千代椿ヤチヨツバキ
【和名】牡丹(ボタン)   【英名】Tree Peony
【性状】耐寒性多年木

相変わらず紛らわしいのですが、椿という名前がついていますが、牡丹です(^^ゞ

今年は四輪の花のうち、三輪が同時に咲き始め、あと一輪が開花待ち♪思い起こせば昨年は二輪だったはずなので、倍増です! 若い苗から育て、こうして年々大きくなっていくのを眺めるのは嬉しい~

ですが、もう1本の紫色の花が咲く「シマダイジン」には一輪も花が咲きませんでした ・゚・(ノД`)・゚・。
昨年は咲いたのになぁ~ 肥料が足りなかったのかもしれません。

【PR】 八千代椿を探そう! at Rakuten


今年は開花の時期に晴天が続きそうなので、お花も長く楽しめそうです。
去年はちょうど雨の時期と重なってしまったために、あまり鑑賞できなかったんです。時々お庭に傘を挿しかけているのを見るのですが、気持ちわかるわぁ~

雨が降ってしまうと、カンタンにお花が痛んでしまいますもの。



さて、この子が咲き終わるころになると、いよいよバラの時期へと突入するぞー
様々なお花がすこしづつバトンを渡してゆきます。
春はあっという間に駆け抜けて、これからは初夏に咲く花たちに以降してゆくのですよね!

ボタンの育て方】 

通常、牡丹は芍薬に接木をした苗が売られています。
植えつける際のポイントは、その時期と、苗をすえつけるときの位置ではないでしょうか。

*苗を購入した後のお手入れ (購入時についていた説明書の抜粋)

①開花前、鉢植えボタンの水遣りは、鉢土の表面が乾き気味になったら行います。毎朝1回をめやすにして水切れしないように注意します。開花後は直射日光や雨を避けるようにすると花が長持ちします。

②落花後は、花がらを摘み取り、そのまま水を切らさずに、半日陰のところに置くか、みずやりの手間を省くため表土より3センチくらいまで土の中に埋めてください。秋まで鉢のままで結構ですが、排水をよくしてください。

③秋になったら、(9月下旬~10月下旬まで)鉢からおろし、露地に植えてください。水はけをよくするため、幾分盛り土にして樹根の発生を促すためやや深めに植えてください。また、鉢植えをする場合はひとまわり大きめの鉢に植え替えてください。

④肥料は植え込んだあと、上部に油粕・骨紛または鶏ふんなどを施し、かるくかきませる程度でよく、その上に堆肥かわらまたは落ち葉などで土の乾燥を防いでください。

⑤病害の消毒は本数の少ない場合はあまり必要ありませんが、花の前後にベンレートかダイセンなどを2~3回散布すれば十分です。

私は大きく育てたかったので、地植えにしましたが、鉢物でも欲しいなぁ~と感じております。やはりお部屋でも鑑賞したいですよね。

牡丹は切花にはあまりむかなくて、長持ちしないようなので、鉢で鑑賞するのが一番だそうです。それに鉢のほうがコンパクトに管理もできそうです。

弊ブログ内関連記事: ヤチヨツバキ | 牡丹 | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ