スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植えっぱなしOK!の大甘菜

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年05月15日 金曜日 [Edit] 




【学名】Ornithogalum umbellatum
【科名】ユリ科  Liliaceae 【属名】オーニソガラム属 または アマナ属
【和名】大甘菜オオアマナ) 【英名】Star of Bethlehem / Grass Lily / Nap-at-Noon / Eleven-o'clock Lady 【別名】ベツレヘムの星 / オーニソガラム・ウンベラタム
【原産地】ヨーロッパ、西アジア、地中海沿岸など 【性状】耐寒性秋植え球根 
【花期】3月~5月  【草丈】10~30cm
【用途】地植え 鉢植え 半日陰

以前はこの子のことをハナニラだと思い込んでいたのですが、ちっともニラの匂いがしないので、なんか違うなぁ~と(^^ゞ

で、よくよく調べてみましたら、どうやらオオアマナであったみたいですm(__)m

私が園芸にハマル以前から、もうず~~~っと我家の庭のどこかで咲いていたのですが、いつ誰が植えたのか家人に尋ねてもわからないのでした。随分処分したのですが、それでも絶えることなくどこかで咲くのです。

でも、ふっと鉢植えで群生させたら結構見ごたえあるかもぉ~と思い、昨年の秋に大振りの鉢に植えつけましたところ、たくさんの蕾を上げ、5月初旬に咲き始めました。

【PR】 オーニソガラムを探そう! at Rakuten


カンカン照りは嫌うようで、そろそろ鉢を半日陰くらいのところに移動させたほうがよいかしらんと思っているのです。植え込みすぎたこともあったのと、あまり良い土を使ってあげなかったので、水もちが悪いんです(;´▽`lllA``



どちらかというと水が大好きなので、3月くらいからはたっぷり水遣りをしてあげてます。
地植えのものは、放任していても勝手にどんどん殖えてゆきます。
日本に自生しているアマナは、球根に甘みがありお薬として食されていたようですが、このオオアマナは有毒であるとも書かれていたので、使い方を間違うとカラダに害を及ぼすみたいですね。

アマナの育て方

■植え付け
夏場は半日陰になるようなところに植えつけます。
ようり選びませんが、水持ちのよい土をつかいます。

■水やり
生育期には用土が完全に乾かないようにしながら、管理します。

■施肥
あまり施さなくてもよいです。

■増やし方
葉っぱが枯れたら掘りあげて、球根を分ければカンタンに増やせませす。
数年は植えたままでも大丈夫です。

弊ブログ内関連記事: オオアマナ | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ