スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殖えすぎ^_^;の黒花風露草

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年05月29日 金曜日 [Edit] 




【学名】Geranium phaeum var. phaeum
【科名】フウロウソウ科 Geraniaceae 【属名】フウロウソウ属
【和名】黒花風露草クロバナフウロソウ)【英名】Mourning Widows Crane's-bill
【別名】ファエウム 【原産地】ピレネー
【性状】耐寒性 初夏咲き多年草 【咲き方】一重咲き中輪

増やしすぎた~~~ (;´▽`lllA``

黒色の花に目がない私・・・ 株分けしたりして、地植えと根洗い盆栽などで愉しんでいるわけですが、この子私が想像していた以上に、株は大きくなって、お隣の子たちにストレスを与えてしまっている様子です。

でも、やっぱりかわえぇえ~~ +゜*。:゜+(人*´∀`+゜:。*゜+.



【PR】黒花フウロは、おぎはら植物園さんちで、630 円也~

先日、ドライブの途中に立ち寄った山野草を扱うお店でも、この子をたくさん見かけて、ウンウン、やっぱり人気が高いのねぇ~

他にはどんなフウロがあるのかな? at Rakuten


私の腰の高さよりも高いところで、花を咲かせているのですが、葉っぱの大きさとのバランスでみると、そのひとつひとつの花はあくまでもこじんまりとしていて、控えめなのです。



タネをこぼさせる必要は全く無いので、一番てっぺんのお花が終わるころには、花茎はすべて切り取っていますが、そうすると再びお花を咲かせる株もあります。

地植えにしていない子は、こじんまりとまとまるので、鉢植えサイズのほうが私好み♪
株の成長も早いので、持ち越しするような寄せ植えなどにはやや不向きかなぁ~と。

フウロソウの育て方

■植え付け
水はけのよいところで、日当たりを好みます。ですが、夏の酷暑は苦手ですので、夏はやや半日陰になるところで管理します。
フウロソウは、いわゆるゼラニウムと呼ばれているものの種類になります。
地植えにする場合には、レイズドベッドなどにしてあげ水はけをよくしてあげるとよいですね。

■水やり
夏の間は控えめにします。

■施肥
堆肥や腐葉土などをすきこみ、肥料は早春と秋に少しだけ施します。

■増やし方
株分けで簡単に殖やすことができます。適期は秋です。


地植えにしておくとかなり旺盛に株が大きくなり、どんどん増えるので、私もどんどん株分けしてあちこちに植えたいと思っています。
たぶんそのほうが、株はいつも元気でいてくれそう!な感触です。

大型になりすぎると夏越しが難しくなるかもしれません。



弊ブログ内関連記事: 黒花フウロ | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ