スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄色のパティオローズ ‘コーネリア’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年06月22日 月曜日 [Edit] 




【学名】Rosa 'Cornelia Poulhi019'
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】 バラ属
【品種名】パティオヒットシリーズ ‘コーネリア
【系統名】パティオローズ? ミニチュアになるのかしら?
【花径】5~8cm【花色】ミディアムイエロー
【樹高】20~40センチ 【香り】ほとんどなし
【咲き方】八重咲き 花弁25枚以上香り
【作出】Poulsen Roser A/S(デンマーク)

我家に唯一ある黄色系のバラ、コーネリアです。
そしてこの子はミニバラパティオローズに類される小型のバラです。

挿し芽も成功したので現在3株がありますが、半日陰になるようなところに植えてあるのに、この一輪目がもっとも日照条件が悪いというのに、元気にお花を咲かせたのです。
ちょっと嬉しいびっくり♪ その代わり、他に蕾はないんです(^^ゞ

【PR】 ミニバラならポールセン!^0^ at Rakuten


でも半日陰を明るく彩ってくれるのは、ありがたい!
この一輪があるだけで、随分このエリアがパッと華やぎます。この子の奥手には、黄緑色の葉っぱがきれいなフウチソウやギボウシを植えてあり、ちょっと和風の感じにしてあるんですよ(^_-)-☆



他にもピンク色したミニバラがあり、開花していたのですが記念撮影を忘れてしまいました^_^;
さらにこのコーネリアよりも小型のバラなのですが、今年はラベンダーに埋もれたようになってしまって、最盛期の開花期を見逃してしまったのです。オバカ

ミニバラの育て方

■植え付け
ミニバラの場合、鉢植えに向いています。地植えで管理することも可能です。
日当たりのよいところを選び、有機質の腐葉土をたっぷりすきこんだところに植えつけます。

■水やり
地植えの場合は不要です。
鉢植えの場合、表面が乾いたら午前中にたっぷりと与えます。日中は与えません。
また花びらや葉っぱなどにお水がかからないよう注意します。

■施肥
バラは有機肥料を好みます。
春先、秋、そして冬の寒肥は油かすなどを土と混ぜて、根っこから15センチほど離れたところに埋めるようにします。
梅雨の時期は雨のため肥料は施さないほうがよいようです。

■剪定
花後に思い切って剪定することにより、再び花が上がってきます。
切り取った枝で、梅雨のころまでに挿し芽をすると同年中には開花が見込めます。

黄色のバラはちょっと苦手としているワタクシではあるのですが、この子は小さいのであまりお庭にあっても邪魔にならないのです。

以下はワタクシ用のメモでして、以前にも書いたことのある内容ですのでご存知の方は読み飛ばしてくださいm(__)m この子をボーダー花壇に植えてある写真も見ましたが、とても見事に無数をバラを咲かせていたので、私も正しい育て方、植え場所をチョイスしてあげればもっとたくさん咲いてくれるはず。

ラベルもしっかりしていて、出身も明確になっています。ラベルをみるとデンマークのPoulsen Roser A/Sの文字があります。ポールセンローズと直接お取引できる会社はプロメリア・ギフだけだそうです。
http://www.bromelia-gifu.co.jp/index.htm

HPに、詳しい育て方が書いてありましたが、基本的には他の薔薇とそう大差は無いみたいです。
http://www.bromelia-gifu.co.jp/rose-kanri-pot.htm

私の買ったPATIOHIT 'Cornelia Poulhi019'は、Poulsen Roser A/SのCornelia(コーネリア)。以下、引用です。

コーネリア
ポールセン(デンマーク)のパティオヒットシリーズ、2003年の作出品種。
The PATIOHIT(R)
12cmポットを中心に生産される大輪ポットローズです。一番の特徴は5~7cm以上になる花の大きさです。欧米では名前の通りパティオ(中庭)で多く利用されていますが、耐陰性にも優れ室内鑑賞期間(3~4週間)も長いことで切花の変わりにIndoorでの装飾にも多く利用されています。耐病性にも優れているため屋外でも大きな鉢に植えたりして華やかにテラス、玄関を装飾できます。鉢植えだけでなく、切り花やブリザーブドフラワーの素材としてなど幅広く利用できます。このシリーズの中には香りのある品種もありますので癒し効果も期待できます。

葉ダークグリーンパティオヒットシリーズはパレードシリーズよりも花持ちが良く、耐病生に優れています。ヨーロッパではパティオローズとして人気があり、室内でも室外でも育てられます。コーネリアは淡い黄色の花が魅力的な品種です。

主な受賞経歴
新品種のためデータなし

備考
花の色・形態は、多少写真と異なる場合がございます。
切花には向いていないので、鉢植えで育成してください。



よく見るとすでにわき芽が見えています。でもブロメリア・ギフのHPには・・・

 ・花が咲き終わったら土上6cmくらいの5枚葉の上でカットして下さい。
 ・カットしてから1ヵ月半から2ヶ月後に再び花が咲いてきます。
 ・その後は前回のカットより1cm程上の5枚葉の上をカットして下さい。
 ・四季咲きなので年3、4回は花を咲かせて楽しませてくれるでしょう。

とありました。 フムフム。 ミニバラは殖やすのがラクチンですよね~ (^_-)-☆

弊ブログ内関連記事: コーネリアPoulhi019 | バラ | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ