スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロマンチカとクレナイと・・・

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年06月16日 火曜日 [Edit] 




【学名】Clematis 'Romantika'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Romantika'
【系統】ジャックマニー系 Jackmanii 【咲き方】四季咲き(5~6月) 中輪咲き
【花径】8~12センチ 【高さ】200~300センチ【耐寒性】強い
【花色】黒色っぽい濃紫 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】ロマンチカ
【作出者】Uno Kivistik, U. & A. Kivistik, Estonia in 1987
【用途】鉢植え 庭植え 切花
【備考】#C040

そもそもこの子は、黄色のモッコウバラとの競演を狙って地植えしたはずでした(^^ゞ
ですが、花期がずれておりまして・・・ 
反対側の半日陰に地植えにした山紫陽花の紅(クレナイ)との競演を愉しむこととなり、私としては結果オーライ ^0^

クレナイが私の予想以上に大きく成長し、といっても1メートルちょっとの樹高であります。
で、ロマンチカの下部につけた蕾がひょっこりと山紫陽花から顔を覗かせるようなトコロもあって、いい感じです。


【PR】クレマチス ’ロマンチカ’は、おぎはら植物園さんちで、525 円也~

ジャックマニー系のクレマチスを探そう! at Rakuten


といいますか、どちらかというと見る角度によって(シェードガーデンを奥手に見ると)は、紫陽花を背景として、深い紫色のロマンチカがとっても栄えるのです。

クレマチスというのは、洋風にも和風にも良く似合うわぁ~ と改めて感動 ^0^



まだ山紫陽花の赤色系の‘クレナイ’が、装飾花を赤色に染めておらず、真っ白な状態なので、このロマンチカのダークな色あいとのコラボもステキでしょう~ ねっ!

クレマチス・ジャックマニー系の育て方

■植え付け
掘り上げた土に腐葉土、ピートモス、堆肥を3割程加えさらに元肥として緩行性肥料も混ぜて土をよく耕してから植えつけます。

■水やり
朝方たっぷりとあたえます。冬場の水遣りを多くしてしまうと根腐れしてしまうのでご注意を!

■施肥
鉢植えの場合、土の表面が乾いたらたっぷり与えます。冬や真夏を除き、水遣りのときに液体肥料を施すのも成長を促します。

■剪定
新枝咲きで遅咲き系であるので、強剪定をすると四季咲き性の性格が如実に現れます。切り戻さないとあまり咲いてくれません。

■増やし方
挿し芽をとって春に増やすことができます。


弊ブログ内関連記事: ロマンチカ | クレマチス | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ