スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白かった・・・紅花イワガラミ♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年07月02日 木曜日 [Edit] 




【学名】Schizophragma hydrangeoides 'Roseum'
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】イワガラミ属
【和名】紅花岩絡ベニバナイワガラミ) 【英名】Japanese hydrangea vine 
【品種名】ロゼウム 
【花期】6~7月  【背丈】10~15メートル
【原産地】日本
【性状】落葉蔓性木本  【耐寒性】強い

イワガラミはツルアジサイと間違えられやすいのですが、イワガラミの装飾花の萼片は1枚であるのに対し、ツルアジサイには4枚あり、葉っぱの鋸歯が細かいのです。

お花がさくまでには、もっと年月がかかるものとばかり思っておりましたが、紅花イワガラミに蕾が見えてきました!

やった~~~ ♪(゜▽^*)ノ⌒☆

でもねぇ~~ 私が清水の舞台から飛び降りるようにして購入したこの「紅花」イワガラミは、白花に比べお値段がぐ~~んとお高かったのですが、装飾花が見えてきてもなかなか桃色に色づいてくれません。

ホントに紅花なのぉ~~~ ヘ(x_x;)ヘ




今に紅色になるはず!と待って、待って・・・・
でも結局お花が白色から紅色になることはありませんでした _| ̄|○


土壌水分計・酸度計【郵送可 \250】は、いま何度さんちで2,940 円也~
今使っている酸度計は壊れてしまって・・・^_^;
新しいの買おうかな~


もっとも森の中で高い木に絡みつきながら、お花を咲かせるし、10メートルにまで成長するということでしたので、私が勝手に開花までには何年もかかるものとばかり思い込んでおりましたが、入手してから3年ほどでお花が咲くとは思ってもみなかったのです。

なので、開花したという点では大満足です。


【PR】もれなく小鉢プレゼント ! 【イワガラミ】ミニ盆栽は白花ですが、旬の盆栽工房 はなだてさんちなら980円でゲットできますよ~
イワガラミを探そう! at Rakuten


盆栽で植えつけるときに、鹿沼土を多用してしまったことが敗因かもしれません。
アジサイと同じように赤色を出すためには、ピートモスなどをつかうべきだったのかも?
と、次回の反省点もマジえつつ、今年の白色の花を愉しむことにいたします。

残念ながら満開の時期をちょこっとだけ、逸してしまったお写真になっているのですが、フワフワした小さなお花が咲いていたときも、すんごくかわいかったですよ~



上の二枚の写真は蕾があがりはじめた6月上旬の様子です。
そもそもこの子をドライブ先のとあるところで、見てからヒトメボレ!気根(植物の地上部分から伸びる根)を出して岩や他の木をよじのぼりながら咲く様子がとても美しかったのです。葉っぱは少し赤色を帯びていて、紅花の様相を呈していたのですけど・・・(^^ゞ

イワガラミの育て方

■植え付け
湿潤な肥沃な土壌に植えつけます。
あまりにも日陰ですと、花つきが悪くなります。

■水やり
地植えならばほとんど不要です。

■施肥
8~9月(花期)と12~2月(寒肥)として緩効性肥料を施します。

■増やし方
挿し木により増殖することができます。

■剪定
花後に行います。

弊ブログ内関連記事: イワガラミ | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ