スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランネルソウ、輝く!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年06月28日 日曜日 [Edit] 




【学名】Lychnis coronaria (=Silene coronaria)
【科名】ナデシコ科 Caryophyllaceae 【属名】スイセンノウ属 または リクニス属
【和名】酔仙翁スイセンノウ) 一人娘ヒトリムスメ) 
【英名】Mullein pink(マイレンピンク) Rose Campion(ローズ カンピオン) Dusty Miller(ダスティーミラー)
【別名】フランネルソウ  リクニス  コロナリア
【性状】耐寒性多年草(または1年草)  【原産地】南ヨーロッパ
【用途】ボーダー花壇 コンテナ ロックガーデン 【草丈】70cm  【花期】5~8月

ボーダー花壇をあまりにも占領してしまったため、昨年かなり間引きまして、今年は大株が数株残っているだけなのですが、それでもショッキングピンクのような赤紫色のような花が咲き始めると周囲がにぎやかになりすぎてしまう傾向のあるフランネルソウです。

日当たりがよすぎる上、土壌もあまりよろしくないっ *o_ _)o彡 というようなところがあったら、お勧めのお花です。まぁ~とにかく屈強なお花であります。

だけれど、シルバーリーフを携えているので、この派手な赤紫色も少し柔らかな印象となります。



【PR】スイセンノウの大苗(フランネルソウ)Lychnis coronaria by Flower&Green GARDENさかもと

フランネルソウを探そう! at Rakuten


この子はお花を咲かせながら、タネをつけ始めてしまうので、こまめに花柄を切り取りタネをこぼさせないようにするのですが、それでもやっぱりこぼれてしまい、結局のところは殖やしてしまうハメになるのです。かわいそうだけれど、新しくでてきた芽は雑草扱いとなり、取り除きます。

フランネルソウだけでなく、梅雨の晴れ間を見て、どんどん伸びてきている雑草や込み合っているトコロを整理しておきませんと、植物も病気になりやすいので私も頑張り中です(;´▽`lllA``


ユニフォームなどの頑固な汚れに洗浄力抜群! ネットブラシ楽リーン(ラクリーン)ってご存知ですか?実は先日野球部に入ったばかりの中学生が親戚にいるのですが、毎日毎日泥だらけ・・・洗濯がとても大変だとこぼしていたのです。そうしたらタイムリーにもこのスポンジがNHKで紹介されていました~
とても良く落ちるのだそうです。私は野球部ではありませんが(^^ゞ 庭仕事で汚れた洋服などを洗濯するのに重宝しそう~~と思い、要チェック中~です・・ヘ(^o^)/




ボーダー花壇の上部には、ツルバラの桃色したモーツアルトと真紅のバラが咲いているので、この時期はかなりにぎやか^_^; ちょっと派手すぎです(^^ゞ
もっともバラが終わってしまえば、夏まではこのフランネルが独壇場を決め込むのですが。

今日はお絵かきソフトで背景にも赤色を使った写真をアップしてみました~
ソフトを使うと加工して、ちがった表情を愉しむことができますよね(^_-)-☆

フランネルソウの育て方

■植え付け
日当たりのよい場所を好みます。他の植物が育たなさそうなかなり乾燥してしまうようなところでも十分育ちます。過酷な環境でよく育ち、ロックガーデンなどに向いています。
水はけが非常によいところに植えつけます。

■水やり
地植えの場合、不要です。
鉢植えの場合、用土の表面が乾いてから数日過ぎてから与えるくらいにして乾燥気味に育てます。
水のやりすぎに注意が必要です。

■施肥
ほとんど不要です。あまりにも生育が悪いようなときは使っても良いかもしれませんが。

■増やし方
種から簡単に殖やすことができます。適期は春と秋。こぼれダネでもよく増えます。
花芽を作るのに冬の低温が必要な宿根草のため、春まきでは年内に開花しません。

弊ブログ内関連記事: フランネルソウ | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ