スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽蝶蘭、がんばる!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年06月25日 木曜日 [Edit] 




【学名】Ponerochis graminifolis
【科名】ラン科 Orchidaceae  【属名】ウチョウラン属
【和名】羽蝶蘭ウチョウラン) 【別名】岩蘭イワラン) 胡蝶蘭(コチョウラン)
【品名】 不詳
【性状】耐寒性球根植物

昨年は花茎が三本だったはずですが、今年は四本!
私の場合、あれこれ手をかけたりしないほうが、山野草たちはうまくそだってくれるのかもしれません。
もっとも鉢が小さいので、水遣りは欠かさずに与えておりましたが。

例年通りに梅雨に入るか入らないかという頃に小さな桃色の花を咲かせ始めてくれてます。
毎年、植え替えなくちゃ! 植え替えなくちゃ!と思いつつも、結局そのままの状態なのです。
が、こうして昨年よりも花茎が増えているところをみると、そう住み心地は悪くないのでしょう。


【PR】まるで、蝶のような美しい花で人気のウチョウラン。葉が黒いカラス葉は、片岡笑幸園「悠々の森」さんちで1,260 円也~
ウチョウランを探そう! at Rakuten


ウチョウランには変が多く、花の形や色も豊富なのですが、↑のように葉っぱが黒いものもあるのですね~ 黒色に弱い私は欲しくなってしまってマス (;´▽`lllA``
群生させて鉢植えで愉しむ♪ んんん~~ 素敵♪



山野草には共通していえることですが、お花はごく小さく可憐でかわいらしいのです。
これもお隣のオジサマから拝受したものですが、オジサマ宅でもおおいに咲いていて、我家の一鉢とは違い、平鉢に群生しているのです。それはそれは、誠に美しい~姿です。
長年丹精込めて育てた結果ですが、我家では未だ殖えることはないのです。

ところで毎日雨、雨、雨・・・
NHKで紹介されていたスグレものを発見!


湿気吸除隊 洗濯槽スッキリ吸って、ご存知ですか?洗濯機の中の湿り気を吸い取ってくれるのですよ~ 洗濯槽にカビが生える季節^_^;です。用心用心・・ 加えて衣類を湿気から守る!!湿気吸除隊 カラッと吸 ロングタイプもタンス用に買おうと思っていまーす(^^ゞ


ウチョウランの育て方

■植え付け
水はけ、水もちともによい用土を使い浅く植えつけること(1センチをこえない程度)
ほどよく日光にあて、梅雨の時期などには雨に当てないように管理します。

■水やり
冬の間はほとんど水遣りはしなくて良く、春先に芽がでてくるときには、たっぷりのお水を与えて発芽を促します。
芽がでてからのちは、土の表面が乾いてから水遣りをするようにします。

■施肥
強い肥料などをあげると、びっくりして枯れてしまうこともあります。
繊細な植物ですので、1000倍に希釈した液体肥料を葉っぱがかれるまで定期的に与えます。

■増やし方
球根の分球、まきで増やすことができます。でも球根で殖やすほうが無難のようですね。
ウチョウランそのものには、発芽する養分がないため、ラン菌などがないと発芽できないそうです。

弊ブログ内関連記事: ウチョウラン | 山野草 | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ