スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小花を揺らすヒューケラたち

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月08日 火曜日 [Edit] 




【学名】Heuchera cylindrica 'Greenfinch'  
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ツボサンゴ属
【和名】壺珊瑚ツボサンゴ)  【英名】Fancy-leaf Coral Bells
【別名】コーラル・ベルズ / ヒューケラ  
【品種名】 ヒューケラ シリンドリカグリーンフィンチ
【原産地】北アメリカ 
【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)  常緑多年草 【花期】初夏  【花色】白色 【葉色】緑色 【草丈】40cm
【用途】地植え 鉢植え 寄せ植え シェードガーデン ロックガーデン

ヒューケラたちのお花はほぼ終わっておりまして、記事にアップするのが遅くなってしまいました^^;

そろそろお花も感染に終わるヒューケラたち。かなり開花時期に差がありました。
一番開花が遅かったのは‘モカ’で、これは一番日陰に地植えにしてあるからでしょうね。

夏の暑さで‘グリーンフィンチ’などはかなり葉っぱが枯れこんでしまっていたりします。

以前、NHK趣味の園芸で篠原英子さんがヒューケラを紹介されていましたが、様々な色あいの葉っぱを上手に寄せ植えされてました。

しっとりした色あいに仕上げるならば、ローズ系シルバー系にライム系のものをあわせたり、ヒューケラだけでなく、クレマチスやカズラなどの蔓性植物と細い葉っぱのスノードラゴン、あるいは、背丈の高いお花との寄せ植えがオススメであるとおっしゃってました。

我家では、このグリーンフィンチと黒い葉っぱのリグラリアにオダマキとリリオペをあわせた寄せ植えをつくっています。



グリーンフィンチの花はヒューケラのなかでは一番に咲き始め、完全に種がこぼれるまで自然の状態にしておきましたが、ヒューケラの花の一つ一つがすごく小さいので、できた種もものすごく細かくて種まきは難しそう~
こぼれた種からの発芽もほぼないだろうなぁ~と想像中です。




【品種名】Heuchera 'Caramel' - ヒューケラ ‘キャラメル’
この子は二年越しでゲットできたヒューケラで、クリスマスローズの‘フェチダス’それからプリムラ‘ビクトリアナ’と寄せ植えで玄関先に飾っているものです。
夏の間は、暗めの半日陰で管理していたものですから、葉色があまりよろしくありません。
加えて、お花が咲かなかったので、さすがにお日様が足りなさすぎたようです^^;


【PR】ツボサンゴ ’キャラメル’ 『キャラメル色の葉が美しい新品種 葉の幅が広く形も良い 秋冬はやや褐色に 紅葉し春はオレンジ、夏はやや黄色が出て四季を通じて変化が楽しめる 花は白 』かお
キャラメル色のヒューケラもあります! 価格 500円也 ~ ^m^ 
もっと違う種類のヒューケラを見る! at Rakuten


今年の夏は‘フェチダス’などのように、夏越しが難しいものですも、日陰で管理しなくてもよかったような気がします。9月になってお日様のギラギラ感が落ち着いたら、この鉢植えも日当たりのよいところに移動させて、秋の紅葉をたのしもうと思います。
それにしても今年の夏はいつもと違っていて、ダラダラと梅雨も続いていたので、鉢植えの子も地植えの子も管理が難しかったなぁ~




【学名】Heuchera 'Amber Waves' 
【品種名】 アンバーウェーブ

まだ小苗の‘アンバーウェーブ’は、地植えで初めての夏。
ナツツバキがいい具合に木陰を作り、こちらはちゃんとお花を咲かせました。
でも、土壌改良がイマヒトツだったようで、ちょっと生育具合には満足がゆかなかったなぁ~
肥料が切れると葉色が悪くなると知っていながら、施肥が不充分でした。

そしてなんと、この夏の暑さに耐え切れずどうやら天に召されてしまった様子ヘ(x_x;)ヘ
油断大敵でした。お花もかわいく咲いたのになぁ~
とってもがっかり。



【PR】ツボサンゴ・コレクション(1)10.5cmポット苗(ヒューケラ) 10.5cmポット苗

アンバーウェーブを探そう! at Rakuten


もともと土壌の状態がよくなかったところでした。
かなり乾燥してしまったのだと思います。 お隣のレジーナは大丈夫そうなんですけど。
やはりバーゲン品でもともと体力がない弱弱しい苗だったので、もっと大事に鉢植えで大きく育ててから地植えにすべきでした。




【品種名】Heuchera 'Regina' - ヒューケラ ‘レジーナ’

そしてその‘レジーナ’は、お花に紅をさすかわいい花が咲きました。渋い深緑色にシルバーの葉脈が走る葉っぱとのコントラストが素敵で、お花の感じでは、この子がお気に入り度は二番目の順位。
一位は、以下でご紹介する‘ボジョレー’でありました!




【品種名】Heuchera 'Mocha'  - ヒューケラ ‘モカ’

夏の間この子は、矮性カサブランカ系の‘ミゼット’の名脇役として大活躍!
草丈が同じくらいでしたので、良い感じでした。

他に周囲には、どうように葉っぱを広げるタイプのクリスマスローズ、アルケミラモリス、クジャクシダと、背丈の高いところでお花を咲かせる西洋オダマキを配置しているので、どの子も、葉っぱをいっぱいに広げているので、地面が全く見えなくなりました。
冬の間は、半分以上むき出しだった花壇でしたのに、今はジャングルのようです。

手前に植えてあるアルケミラモリスが黄色の小花を揺らす頃、背後でお花を引きたててくれました。
花期が同じになるかとおもいましたが、残念ながらアルケミラモリスのほうが早い開花でした。




【品種名】Heuchera 'Peach Flambe' - ヒューケラ ‘ピーチフランバ’

購入した時点で、すでにちょっと弱弱しい感じがあり、ネットで購入したのので、返品を考えたりした子だったのですが、なんとか夏を乗り切ったものの、やっぱり株はあまり大きくならず・・・

お花も咲いてはくれたものの、花茎も十分とは言えず、ちょっとがっかり。

お隣の‘オブシディアン’の株の半分の大きさくらいしかないんです。とほほ _| ̄|○




【品種名】Heuchera 'Obsidian' - ヒューケラ ‘オブシディアン’

でも‘オブシディアン’にしても、思ったほどには大株になってくれておらず、株分けを狙うも、まだ分けるまでには大株に育ってくれておりません。





【品種名】Heuchera 'Beaujolais' - ヒューケラ ‘ボジョレー’
鉢植の‘ボジョレーは’木製のコンテナにビオラ、宿根イベリス、オダマキなどと寄せ植えにして愉しんでいまして、他の子たちがすっかりお花を終えましたのに、ポツポツと花茎を上げたりしています。
でも夏の間、カンカン照りの下においたりして、葉っぱがちょっと葉焼けを起こしてしまっている感じです(^^ゞ




【品種名】Heuchera 'Ebony & Ivory' - ヒューケラ ‘エボニーアンドアイボリー’
瀕死の状態だったので、2009年4月下旬にブルーベリーの木の近くに移植してみたところ、お日様を浴びて復活の兆し!と喜んでいたのもつかの間。
巨大化したブルーベリーは私が思っていた以上に新葉を茂らせ、かなりの日陰を作ってしまって、結局この子は瀕死の状態のままです。
あぁ~ 失敗失敗。 そのお隣のプリムラさんも日照不足。まずいなぁ~




【品種名】Heuchera 'Northern Fire' - ヒューケラ ‘ノーザンファイヤー’
今年の春株分けしましたが、無事にお花を咲かせたのにお写真を撮るのを忘れてしまいました(^^ゞ

現在の葉っぱの姿のみ・・・ やはりヒューケラはお花を愉しむもの。負け惜しみ?
春先にちょこっと株分けしたものもあったのですが、うまく根付いてくれず、一株は枯れてしまいました。


ヒューケラの育て方

今年の夏越しは一喜一憂でありましたが、反省点としては真夏の乾燥には要注意ということです。
寒さには強いので冬場の管理はマルチングくらいですけど、夏場のカンカン照りと水切れにはきをつけなくてはなりません。

■植え付け
水もち、水はけともに良い培養土をもちいます。赤玉、砂、ピートモスなどの混合がよいようです。耐寒性はありますが、高温多湿に弱いので夏場は半日陰で管理します。特に夏の日差しで葉焼けなどをおこさせないような工夫を。
私の場合、長年育てている大文字草の管理をイメージしています。

■水やり
鉢植えの場合には水切れさせないように注意します。
休眠期である冬の間も忘れずに!また夏季は高温多湿にならないように水遣りを控えます。

■施肥
植え付けのときに有機肥料を施します。成長期には液肥も定期的に与えます。

■増やし方
株分けと種から増やす方法があります。
株からわけるときは掘り起こしてから、清潔なナイフなどで二つにわけます。ポイントはあまり小さく分けすぎないこと。
種まきで増やす場合、播き時は春。
寿命は意外に短いので3~4年育てたところで株分けなどの更新が必要ですから、株分けをすればちゃんと殖えてくれるということになります。


弊ブログ内関連記事: ヒューケラ | ティアレラ |
品種名: アンバーウェーブ | エボニーアンドアイボリー | オブシディアン | キャラメル | グリーンフィンチ |  シーフォーム | ボジョレー | ノーザンファイヤー | ミントチョコレート | モカ | ピーチフランバ | レジーナ | 

弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ