スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Stinging nettle(ネトル)

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年09月10日 木曜日 [Edit] 




【学名】Urtica dioica
【科名】イラクサ科 Urticaceae 【属名】イラクサ属
【和名】西洋刺草セイヨウイラクサ) 【英名】Nettle (ネトル) 【別名】Brennessel (燃える草
【原産地】ヨーロッパ
【性状】半耐寒性宿根草 【草丈】30~50cm  【花期】6~9月 【花色】淡桃色
【用途】鉢植え 地植え ハーブ 葉っぱ 根

秋も深まってきましたね~~
今日ご紹介するのは春から種で育てている子のひとつ、ネトルです。ネトルは代表的なハーブのヒトツですが、これまで育てたことがなかったので、今回は種から育てるのに挑戦中です。
ちっとも元気に育ってくれないので、種まきしてから随分経過しているというのに、今頃記事にしています^^;

ヨーロッパでは非常に身近なハーブで、アンデルセン童話『白鳥の王子』で、白鳥になった兄弟の呪を解くために、王女が糸を紡ぐところがあるのですが、ネトルから糸を紡いでいたそうです。茎の繊維は布に織ることができ、中世の頃にはネトルから紡いだ糸で、平織り布が作られていたそうです。
そういえば、コットンの木などは大航海時代に入ってから、ヨーロッパにもたらされたのではないのか知らん。


【PR】ハーブの種 「ネトル スティンギング」は、ハーブティー専門店 e-ティザーヌさんちで252 円也~

私もこちらでお世話になりましたが、発芽率、バツグンによかったです・・ヘ(^o^)/
でもその後、地植えにした場所がちと悪すぎたぁ~ ヘ(x_x;)ヘ

ハーブの種を探そう! at Rakuten


ネトルには、、ヒスタミンが含まれているため「抗アレルギー作用」があり、花粉症に悩まされている方ならば、本格的な花粉症の時期に突入する前からハーブティーなどで飲用されると予防になるようです。試してみるとよろしいかもしれません。

またネトルの根っこは、生のもの刻んだものを煮出してその煎じたもので洗髪すると、頭の脱毛を防げるとか。フケを予防する効果も期待できるそうです。

また糖尿病などにも効果があり、利尿効果もあるので、女性の大敵、むくみを軽減するようですぞ。
私はまだトライしておりませんので、その効果を証明できませんが。



ともかく↑の写真のように、種まきしたらワンサカと発芽してくれたので、間引きつつ本葉が出てから移植したのですが、どうもその後の成長が・・・^^;
丈夫なハーブのイメージがあったので、大丈夫だろうと、これまたジャリジャリのヒドイ土壌に植えつけたこともよろしくなかった・・ ゴメンね ネトルちゃん。
それはそれは細い茎ですし、草丈もまだ10センチにも満たないほどです。
本当はトゲトゲで触ったりしたら、一日痛みが消えない!というほどの植物のはずなのに、どうもレモンバームのごとき柔らかさです。

ネトル育て方

■種まき
発芽温度 15~25℃ 春か秋が適期ですが、温度を保つことができればいつでも播種できます。
発芽まで1ヶ月ほどかかります。
種が細かいのでピートモスやバーミキュライトを混ぜた赤玉(小)などを使うとよいです。

■植え付け
間引きしながら本葉がでてきたものを定植します。
日当たり、水はけともによい場所を選びます。

■水やり
一度地植えにすればほとんど水遣りは不要です。

■施肥
ハーブはあまり肥料を必要としません。
生育具合が非常に悪い場合に薄めの液体肥料を施します。

■増やし方
種から育てるのが一番です。
ネトルならば挿し木でも簡単に増えそうですね(^_-)-☆

弊ブログ内関連記事: ネトル | 種まき | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ