スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルーのシノグロッサム

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年07月19日 日曜日 [Edit] 




【学名】Cynoglossum amabile. 
【科名】ムラサキ科 Boraginaceae 【属名】シノグロッサム属
【和名】シノグロッサム 【英名】Chinese forget-me-not Chinese hound's tongue 
【別名】支那勿忘草 (シナワスレナグサ
【品種名】ブルーシャワー
【原産地】中国西南部~チベット
【性状】耐寒性一年草 【草丈】60~80cm 【花期】5~6月
【用途】鉢植え 地植え 春花壇 

忘れな草に似たかわいらしいお花が咲いてくれました~ ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノへ(^^ヘ)(ノ^^)ノ ちゃんかちゃんか♪

春に種まきしたものの一つなのです。やはりタネから育て開花をむかえるというのは、感動もヒトシオでございます。中国が原産なので、支那勿忘草と呼ばれます。
草丈は80センチにもなるとのことでしたが、私の場合育て方がよろしくなかったようで、摘心もしていないのに30cmにも満たないところが玉に瑕です(^^ゞ


【PR】育てた花を、部屋に飾って楽しんで。【ミックス種子】フラワーメイト 花摘みミックスは、花の木楽天市場店さんちで525円也~
お買い得ですね~ リナリア ・ アイスランドポピー ・ムシトリナデシコ ・ イベリス ・ かすみ草 ・矢車菊 ・ ラークスパー ・ シノグロッサム ・アグロステンマ ・ クラーキア ・ むらさきはなな ・ 白蝶草 ・ サルビアコクシネア ・ ブルーサルビア ・ ペインテッドセージ ・ 花輪菊 ・ フランス菊 ・ コスモス ・ ジニアエレガンス ・ ルピナス ・ コリンシア ・ 宿根リナリアブルガリス ・天人菊が入っていますよ~ (^_-)-☆

シノグロッサムをタネから育てよう! at Rakuten


春の種まきが成功したので、気をよくしている私は秋にも種まきをがんばろう~と誓っているのです。
冬の寒さに強いシノグロッサムならば、我家でも小苗で越冬ができ、早い時期からお花を楽しめるのではないか知らんと画策中~~ きっと秋蒔きすれば、背も高くなってくれるはずv(^∀^*)



もっともこじんまりと育てるのが好きな私はあまり大きく育たなかったこの子がかわゆくて~~ かわゆくて~~ 鉢で育てましたが、次回は地植えにしてみましょう~ 
移植を嫌うことを知らずに、クリスマスローズの鉢にある子はちっとも花が咲きません(^^ゞ
やはりのびのびと地植えで育てるのが一番のようです。

そもそもこの子はクリスマスローズとの競演を狙って育てたものでしたが、7月に咲くとは・・・^_^;
来年こそ、早春の開花を目指します!

シノグロッサムの育て方

■種まき
発芽温度 15℃~20℃
移植を嫌います。直播するか本葉がでてきたらすぐに定植します。直根性です。
ごく細かいタネですが、数mmほど覆土します。
(暖地)秋まき:9~11月 開花期:3~5月 春まき:3~5月
(寒地)春まき:4~5月 開花期:7~9月

■植え付け
鉢植えを購入した場合には、鉢増しします。鉢管理でタネを採取して、その年の秋に直播して春に咲かせるとよいと思います。
秋播きの場合耐寒性はあり、霜よけなどは必要ありません。用土もあまり選びません。

■水やり
やや控えめのほうがよく育ちます。

■施肥
春播きの場合には、特に生育期間が短いため、肥料切れ水切れに注意します。

■増やし方
種まきが一番です。

弊ブログ内関連記事: シノグロッサム | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ